見出し画像

伝わり始めた思い

こんにちは。三条市の下田地域での起業を目指して活動をする
『ローカルアカデミーin下田』に参加している
地域おこし協力隊の青木隆です。

「あんたが下田に来てくれて良かった」

この言葉を下田地域、三条市、そして新潟県の方々にどれだけ言ってもらえるか?
これを胸に秘め、生まれ育った愛知県豊橋市から移り住んだのは、昨年の12月。

今ではすっかり春模様の下田は、圧倒的な美しさを見せつけてくれて、本当に移住して良かったと日々実感しています。

北五百川の棚田に咲くカタクリの花と粟ヶ岳を撮影しました。

さて、移住してから今日まで、いろんな方々の協力のもと、人脈を広げ、自らの足を運んで取材し、週2回欠かさずYouTubeを配信してきました。

これまでお会いした方々(ほんの一部です。)

しかし、私の参加しているプログラムは1年という任期の中で、下田で独立起業することです。

単純に現在地と目的地を線で結ぼうとしたら、事業はまだ立ち上がっておらず、収益はゼロです。不安がないとは言えません。
しかし、ここで焦っても末永く下田の地で営みを続けることはできないと確信しています。

そんな中、徐々に努力が報われてきたとも感じています。
例えば、動画という自分の作品を見た方からお声がけいただき、新たな人脈が広がったり、ともに下田の発展のために活動を一緒にとお誘いいただいたり。
地元のテレビ局TeNYさんや三條新聞から取材を受けることにもつながっています。

そして、最近では、本当にうれしい出来事がありました!

人脈が広がるうちにお会いできた下田在住のその方は、私のような存在が下田に必要だと仰ってくださいました。
そして、
「あなたが下田で活躍できるように応援する。だから思いっきり挑戦してほしい。」
と背中を押してくださいました。
地元の方からのこの言葉は、私にとても心強く響いたのです。
応援してくださっている方のためにも、この地で起業し根付こうと改めて決意を強くしました。

事業創出に向けて

最近は、地域を回って課題をお聞きしたり、自治会の総会や清掃活動に参加して自己紹介の場をいただいたりしています。
実際に、地域課題と思われる案件や住民目線でのご意見などが具体的に10件程度集まったので、事業案を形作っていきたいと考えています。

例えば、地域の特産の米や芋を使った菓子など、地域に付加価値を還元できる商品開発などを考えています。

任期終了後には下田で起業し、地域課題の解決に少しでも貢献することで「あんたが下田に来てくれて良かった」と地元の方から言ってもらえることがなによりです。そのためにも、日々動きながら考え、考えながら動きます!

週2回YouTubeを配信しています。

このチャンネルでは、下田や田舎暮らしの魅力を伝えながら、47歳のオヤジが地域おこしを軸に奮闘する姿を笑いあり、涙あり、考えさせることありでお届けしています。

よろしければご覧ください。

また応援してくださる方はチャンネル登録お願いします。

チャンネルはこちらです。(週2回、月・木曜日配信中)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。