移住につながる場づくり、ひとづくり、関係人口創出のイベント企画に取り組んでいます!
見出し画像

移住につながる場づくり、ひとづくり、関係人口創出のイベント企画に取り組んでいます!

こんにちは。下田の地域おこし協力隊「移住支援チーム」の橋本有美です!

私たち移住支援チームは、三条市下田地域への移住に関する情報発信やサポートなど関係人口の創出とひとづくりに関連した活動しています。

今回は、5月に行ったひとづくりイベントの紹介です!

1.イベント うびのイラストアート教室

画像1

協力隊所属のイラストレーター「うび」による、子どもたちの「心の成長」をコンセプトにしたイラスト教室を企画・開催しました。

3月に第1回を行い、定員を超える募集があったため
5月に開催した第2回では、同じ内容を二日間に分けて実施しました!

画像2

<今回のテーマは「花」>

みんなで一緒に「花って何だろう?」とテーマについて考えるところからスタートします。
花にもいろんな個性があり、それを絵にすることで描く人の個性がさらに上乗せされ、オリジナルのイラストアート作品につながることを話しました。

上手に描きたい子や可愛く描きたい子と、それぞれ目指す絵がちがう中で
どこまでその子に寄り添ったアドバイスができるか、これからの課題として
私自身も成長していきたいと思います。

画像3

   ▲1日目

画像4

   ▲2日目

イラストは人によってはアートであり、あくまで「心を伝えるためのツールである」ということを意識できるように、自分を表現することの大切さや、他人に発信することの楽しさを伝えられるような教育の場になるよう、今後も誠心誠意 取り組んでいきたいです。

2.イベント 学校では教えてくれない英会話教室

移住支援チーム新倉と、農業チーム金子で「第三回 学校では教えてくれない英会話教室」を開催しました!

3月より、月に1度開催していたこの企画も、今回で最終回を迎えました。
新倉、金子共にオーストラリア滞在経験があり英語に興味があるため、この企画を考えました。

<これまでの内容>
①"Sing a song"が「歌を歌おう」とは限らない!
     ~洋楽歌詞の本当の意味をみつけよう~

②"How are you?"からはじまる日常会話をマスターしよう!

③Because, Whyを使った会話表現に挑戦しよう!
 洋画、海外ドラマのワンシーンから、面白い表現を学ぼう
 とっさに出る言葉を英語で言おう

画像5

  ▲いままでの授業で使った資料の一部です

先日、仕事終わりに ‘Have a nice weekend!’と言っていただいたり、
相槌に‘Sounds good!’を使っていただいたりと、英語が身近になってきたのがとても嬉しく思います。

下田の協力隊メンバーは、本当に様々な得意分野を持っており、お互いに良い学びや刺激をいただけています。
私もこうした企画を通じてその一端を担えるように、そして、それが地域のみなさんまで広がるように頑張っていきたいです!

3.さいごに

今後もイベント企画も含めた移住支援活動を行っていければと思っています。
よろしくお願い致します!


▷しただ地域おこし協力隊の活動はこちらでチェックできます!◁
Facebook https://www.facebook.com/shitadaconnect/?ref=bookmarks
Twitter https://twitter.com/shitada_64
Instagram https://www.instagram.com/64_shuraku/
Youtube https://www.youtube.com/channel/UC89UgoaRmw2y-PRByHv8ZJQ


【三条市地域おこし協力隊活動ファイル#11】

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。