カフェの本棚が気になる。
見出し画像

カフェの本棚が気になる。

おはようございます。
三条市地域おこし協力隊の竹山キョんです。
ステージえんがわを拠点に三条市をうろうろしています。

普段はPEEPING PEOPLEというウェブマガジンで三条市のお店や人を取材して記事を書いています。

PEEPINGPEOPLE: https://www.peepingpeople.com


最近、少し停滞していますが来年あたりから定期的に更新していきますので良ければチェックしてみてください。

今回はそのうち、ちゃんと書くぞ!と思っているシリーズを簡単に書いてご紹介します。



突然ですが、飲食店の本棚って気になりません??

ラーメン屋は漫画が数巻抜けていたり、カフェの本棚はコーヒーの本が多めだったり、店主か店員の脳内大公開フェスティバルと言っても過言ではありません。

というわけで今回は「三条市のカフェの本棚」を2店舗ほど紹介いたします。


Blanc

だれかの小さなやりたい」を叶えるコミュニティカフェ。をコンセプトに間借りカフェやZINE作りイベント、ボードゲームカフェなどを開催している素敵なカフェです。

Blancを運営している地域おこし協力隊が書いた記事もご覧ください。


Blancは株式会社Foundingbaseの社員が運営しています。

「他県から移住して来たけど友達出来ないンゴw」と思っている皆様はまずBlancを訪れてみると良いかもしれません。

僕も移住したての頃はとてもお世話になりました。今もお世話になっております。

さて、そんな移住者にも地域の住人にもとても優しいカフェの本棚が気になりますね。






気になるよね?







気にならない??






気にならなかったらごめんね。






まずは上段から見ていきましょう。

比較的ビジネス書やデザインに関する本が多めな印象ですね。

よくここの本棚はお世話になっているので、チラッと読んだオススメの本を数冊紹介します。


■クプルムの花嫁

燕三条の鉄加工などを中心に描かれている漫画なので、三条市民は必読の漫画ですね。って勝手に思ってます。


■リロ氏のソロキャンレシピ

これはマジで最高な本です。
ホットサンドメーカーを使用した様々なレシピが載っているのでキャンパーはぜひ1冊購入しておくといいかもしれません。


■サウナ術

めちゃくちゃ良い本です。
なぜサウナが体に良いのか。サウナがもたらす体への効能などが細かく記載されています。
サウナ気になってるけど入るの怖いな〜と思っている方はぜひちょっとでも読んで見ると良いかもしれません。


っていう感じでなんとなく本を紹介します。



下段も見てみましょう。

チャオチャオ!!!!!!!!!
チャオチャオは本当に良いボードゲーム!!!!!!!!
これは人生で一度はやった方がいい!!!!!!!!!!!!!!!
※個人的な感想です。

ボードゲームカフェのイベントを開催しているのもあり、ボードゲームなどがいくつか置かれています。

ボドゲって文庫本と同じくらいのサイズだもんね。



下段の2段は小説が多いです。
チャオチャオの裏にめっちゃ置いてあります。

店員さん数名の持ち物の中から雑多に本を配置しているとのことで、店内でご自由に読むことができます。

もしめっちゃ気になってゆっくり読みたい本があれば店員さんに要相談してみましょう。


チャオチャオで戦ってくれる人はいつでも募集してます。


Blanc  
住所  三条市本町2-13-9 (旧スマイル本町)
Twitter @sanjoblanc
Instagram @__blanc_0611__


SANJO PUBLISHING

良い感じの紹介文を考えてたけど、Instagramのプロフィールが良さげだったのでそのまま引用します。

〜SANJO PUBLISHING〜

“まちを編集する本屋さん”をモットーに、本屋さん、喫茶・軽食、編集・制作の3つの事業を育てていきます。

事業を育てるって表現、かっこいい〜〜。

SANJO PUBLISHINGを運営している地域おこし協力隊が、こちらの記事で詳しく紹介しています。



本屋の紹介もしたいのですが、今回は本屋ではなく喫茶スペースの本棚を見ていきたいと思います。


こちらは喫茶スペース担当の米山さんです。

本を購入後、喫茶スペースでコーヒーを飲みながら読むのがこの店のグッドな過ごし方です。


美味しいコーヒー


米山さんは料理や飲み物に関する知識が豊富なので数分お話しすると本を一冊読み終えたくらいの知識が得られます。

そんな知識量がエグい米山さんの蔵書を覗いていきましょう。



まずは本棚全体から。


3段カラーボックスの中に素敵な本がたくさん詰まっています。

右の棚には酒気やグラスが入ってて可愛い。酒飲みたい。



1段目は主に文庫本が多く、司馬遼太郎さんや落語など幅広く読んでいるようです。

2段目はお酒や料理の本などが多めですね。


下段は数年前の雑誌などがありました。

お酒や料理に関する雑誌が多く、デザインがおしゃれでパラパラ見るだけでも楽しいのでぜひ立ち寄った際は読んでみてください。


本棚の本とは全然関係ないんですけど、米山さんのおすすめを持って来ていただきました。

やる気がすごい。嬉しい〜〜〜


どんな本を持って来ていただいたのでしょうか。







ドゥルルルルルルルルルルルル








デンッ




有川浩さん〜〜〜!!!!!!


あ、、、あ、、、あ、、、


有川浩さ〜〜〜〜〜ん!!!!!!!!!!!!!!!!!

図書館戦争シリーズ、いいよね。



阪急電車はジャケが可愛いすぎてこれだけで買いたくなっちゃう。
表紙のことジャケって言っていいのかな。


米山さんの本にまつわるエピソード的なやつがたくさんあったので後日、僕のサイトにてちゃんとした記事を書きます。ぜひ見てくれ。


SANJO PUBLISHING
住所     三条市本町2丁目13-1(旧カネ五洋品店)
Twitter @Publishingsanjo
Instagram @sanjopublishing


っていう感じの記事をよく書いています。

ここまで読んでくださってありがとうございます。


なんとなくシリーズ化していきたいので、三条市の本棚が面白い店があれば教えてください。

いつでもいきます。マジで。



それでは、またいつか。



【三条市地域おこし協力隊活動ファイル#72】

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。