古民家で暮らす。
見出し画像

古民家で暮らす。

こんにちは。地域おこし協力隊ソーシャルファームさんじょう農業チームの古内です。

千葉県出身で昨年の12月より着任したピチピチの39歳、雄、独身です。

以前は建築施工管理技士をしていました。俗に現場監督ってやつです。

趣味はスノーボード、釣り、フットサルです。

こっちに来てからボールが蹴れていないのでお誘い下さい。


我々農業チームは下田地域の耕作放棄地を活用して農業に取り組んでいます。

先日は稲刈りを行いました。

私には初めての稲刈りでほぼ体験状態でしたが、これから農業チームの稲刈りイベントがあるので、予習替わりにお世話になっている農家さんのお手伝いに行かせていただきました。

LINE_ALBUM_稲刈り_210921_0

LINE_ALBUM_稲刈り_210921

地元の農家さんに刈り方や稲刈機の補助の仕方を教わりながらの作業でしたが、稲の繊維が肌に刺さると痒くなるし腰が痛くなるし、
昔はこの作業をすべて手作業でやっていたなんて気が遠くなりますね。

初めての稲刈りの感想は、「早く自分達が育てた米を収穫して食べたい」ですね。


我々農業チームは半農半Xで活動しています。
私の半Xは建築で、現在は協力隊のシェアハウスの改修を行っています。

画像10

使われていなかった古民家に住み着きながらの改修工事

画像3

最初は埃だらけだった家全体を清掃、自分が住める部屋の確保から初めて
とりあえず居間から作業開始。

画像4

床を補修、研磨、塗装して
照明を配線から直して器具も替えて
家具を置いたらこんな感じになりました。

現在封印中の囲炉裏ですが、冬季になったら此処の囲炉裏で鍋を食べたいですね。

居室の改修もしていきます。

画像5

画像9

何もない板張りの部屋を

無垢床を張込み、ひたすら研磨です。

写真1

塗装も素材の木目を活かして、居間と同じ塗料だけど仕上げが違うように塗り方を変えて仕上げてみました。
(違いって解りますかね?)

まだまだ終わりが無い改修が続きます、その様子は次回の報告で!
(終わりってあるのかな?)

他にも、現在別のシェアハウスでは1階で床の全面張替を施工中です。

画像7

画像8

まだ現状では落とし穴ハウスになっていますが、近日中に完成予定になっていますので、その様子は次回の報告で!

こんな感じで、ソーシャルファームさんじょうでは新しい協力隊員が来た時の為にシェアハウスをどんどん改修していきます。

作業技術が拙いですが、暑さにも寒さにも負けながら、次回の報告が出来るよう半農半建築を頑張って行きたいと思います。
(さぁ帰って、鉄腕DASH見よ!)

【三条市地域おこし協力隊活動ファイル#49】

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。