「滞在型職業訓練施設しただ塾」開講!!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「滞在型職業訓練施設しただ塾」開講!!

こんにちは!
地域おこし協力隊、移住支援班の田中です。

最近どんどん寒くなってきたので慌てて冬服を買い込んでいます。
部屋の中も冬仕様に準備を進めています。
初めての冬をここ下田で過ごすので今からドキドキしています…。


さて、先日旧荒沢小学校にて滞在型職業訓練施設しただ塾の開講式を行いました!今年の塾生は50~60代の4名です。
しただ塾は5年目の開催となり、今回で8期生となります。

「しただ塾」とは、NPOソーシャルファームさんじょうが運営する求職者支援訓練施設です。
今年はコロナ禍で通常より少し短く、10月15日から12月14日の2か月間。
これから塾生さん達は、ここ下田で観光やアウトドアをメインテーマとし、
地域の方々から様々なことを学び、下田を体感します。

画像1

開講式にはたくさんの方にお集まりいただきました。
皆様ありがとうございました。
(私は撮影を担当しました。)

【三条鍛冶道場へ】

開講式を終え、塾生さんを三条鍛冶道場へお連れし、五寸釘によるペーパーナイフ作りを体験していただきました!
皆さん初めての鍛冶体験に、真剣に取り組んでいました。

私も以前体験させていただきましたが、鍛冶体験ってとても楽しいですよね!
こちらで包丁も作れると聞いたので、今度是非チャレンジしてみたいです!

画像2

画像7

画像6

見事な作品が出来上がりました!皆さんお疲れ様でした。

塾が始まって十日余り。
今では、朝一緒にコーヒーを飲みながらお話したり、とてものんびりした時間が流れています。

―――――――――

話は変わって、私は移住支援の業務と並行してデザイン・写真撮影・編集も行っています。
当NPOには、農業班、スポーツ班、教育班、移住支援班があり、イベント等のチラシ制作はすべて内製化しています。

ここでは最近の制作物を紹介します!

画像4

教育班の企画イベントのチラシです。
チラシのイラストは当団体に所属しているイラストレーターの方の作品です。
これまで縄文を題材にデザインをしたことがなかったので、イラストを使わせていただけてとても助かりました。

最後に、こちらは当NPOに所属している陶芸家のイベント用チラシです。
今まで作ったことのないデザインで、とても楽しかったです!

画像5

今後も勉強を重ね、よりよいチラシや広告を作れるよう頑張ります!
皆さんのオーダーお待ちしています。

お問合せ▶ NPOソーシャルファームさんじょう


最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。