JAPAN TOUR優勝報告と3×3バスケの紹介
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

JAPAN TOUR優勝報告と3×3バスケの紹介

こんにちは。「スポーツ班 3x3 SANJO BEATERS.EXE」の「坪田」です。

SANJO BEATERSは2019年に結成された三人制プロバスケットボールチームで、今年で三年目になります。現在は選手3名、トレーナー2名が下田に移住し半農×半バスケの生活を送っています。この他に関東に在住の5名の選手がチームに所属しています。


自己紹介&移住のきっかけ

私は、今年3月にSANJO BEATERSのトレーナーとして、地域おこし協力隊に就任しました。

大学卒業後、鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の資格取得の為、専門学校に通い国家資格を取得し、資格取得後は整形外科で働きながらバスケットボールのトレーナーの仕事を行ってきました。

移住のきっかけは、コロナの影響で人の多さや建物の多さに疲れていたということもあり、「好きな仕事を続けながらも、田舎に移住できたりはしないだろうか」と思ったのがきっかけでした。

元々田舎の暮らしにも憧れがあり、求人活動中に「田舎・バスケ・トレーナー」と、好きなワードが三拍子揃っていた下田での地域おこし協力隊募集を発見した時、迷うことなく採用担当者の方に連絡を取りました。

まだ移住し始めて4ヶ月ほどですが、思い切って移住してきて正解でした。
視界に映る景色は自然の緑でいっぱいですし、水も空気もキレイです。こっちに来ての一番のお気に入りは下田の田んぼと、夕日です。

全てを包み込んでくれるような温みのある優しい風景です。

note画像


現在の活動

業務としては、チームトレーナーとして選手の鍼灸を用いた身体のケアや、インソールの作成、チームマネジメント、農業を行って日々を過ごしています。

note画像


そんな中、日本バスケットボール協会(JBA)が主催する「3×3 JAPAN TOUR」があり、4月17日Round1と6月12日Round4のOPENカテゴリーでSANJO BEATERSは両日共に優勝を果たしました。

note画像

写真提供:日本バスケットボール協会


チームとして結果を残し続けられる事ができていて、幸先の良いシーズンとなっています。

note画像

写真提供:日本バスケットボール協会


3人制バスケ「3x3」とは?

東京オリンピックから正式種目として採用されている、今年注目のオリンピック種目の一つです!

コートは5人制バスケの半分のコートで行われ、攻守の切り替えが早くスピード感のある試合展開が楽しめます。
また観客との距離も近いので、臨場感があり迫力満点です。
選手の全力プレイ、白熱した試合が間近で楽しめるのも魅力の一つです。

note画像

コートはコンパクトなので設置がしやすく、駐車場やショッピングモールの広場でも楽しむことが出来ます。

note画像

新型コロナウィルスの影響で無観客試合が続いていますが、近い将来、観客の方と共に会場一体となって選手のプレイを楽しめる日が来ることを祈ります。


チームの活動予定

国際大会へ通じる3x3.EXE PREMIERリーグの試合は5月から始まっていて、9月まで国内各所で行われます。

▽今後の試合スケジュール▽
・Round3
 6月26日 FLAT八戸15:30~
・Round4
 7月4日 日環アリーナ栃木 11:00~
・Round5
 8月14日・15日 平塚総合体育館11:00~
・Round6
 9月11日・12日 六本木ヒルズアリーナ11:00~


さいごに

地域にプロスポーツクラブがある事は地域活性化のきっかけになると思います。

まだまだ発展途上のチームではありますが、地域の方々と共にチームを盛り上げ三条下田の魅力を広めていきたいと思います!

PREMIERリーグでも良い結果をお届けできるようチーム一丸となって頑張ります!
選手への熱い応援をよろしくお願い致します!


【三条市地域おこし協力隊活動ファイル#27】

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。