「この夏、まちの避暑地を目指して」人が集まること次につなげること
見出し画像

「この夏、まちの避暑地を目指して」人が集まること次につなげること

初めまして。「三条で暮らす。」に寄稿させていただいている、まちなかの魅力向上・起業支援事業の活動を行うNext Commons Lab三条の米山 堅(よねやま つよし)です。

今回は、喫茶部門を担当している私から本格的な梅雨を迎えた三条の日常をお届けできればと考えます。


まちに人の流れを生む本屋と喫茶店に

私たちは2月22日にオープンしたばかりの、まちの小さな本屋(オシャレにいうとブックカフェ)です。『SANJO PUBLISHING』では3人で運営していて、それぞれが「本屋」「喫茶」「制作」の役割を持ち、私は「喫茶」を担当しています。

有り難いことに、街の方たちやお店や企業の方たちとも少しずつ関わらせていただき、本屋としてはもちろん喫茶店としての役割も認知され、商店街に人の流れができてきているのではないでしょうか。


三条祭りや凧合戦が中止に 私たちができること

少し前になりますが、5月に開催予定だった三条祭りと凧合戦が本年度も共に中止となりました。

私たちが日々営業する中で来てくださるのは、やはり三条にずっと住んでいる街の方たちや企業に勤めている方たちが多い。残念そうな声もたくさん聞きました。

それらを裏で支え続けてきた同世代や少し上の先輩たちからは、

「どうにか開催する方法はないのか?」
「やはり参加する人だけではなく、来てくれる人たちのことを考えると……」

真剣に話し合っている様子を見たり聞いたりすることがあったので、来年以降も、熱や思いはきっと繋がっていくのだろうなという安心感を勝手に感じていました。

そういう私は三条市の地域おこし協力隊に着任してようやく3ヶ月目が経ったばかり。ここでこっそり裏話を、市外の人に。そして同じく各地の地域おこし協力隊で活躍している人たちにも、たまにでも街の声を共有できればと考えたわけです。


本格的な梅雨の始まりと暑さにはご注意を

全国的にも本格的に梅雨が始まりますね。

あまり嬉しい話ではないのですが、三条市は昨年全国で初めて9月に40度を超えました。私、もう既に少しどころか、かなりビビっています。

暑い日に備えて冷たいお菓子や飲み物を考えていまして、『かき氷/牛乳プリン/バナナスムージー/自家製のレモネード……』

焼け石に水というか、暖簾に腕押しというか。

日中の暑い時間帯や日によって温度や風の有無など気象状況があるので、その合間にでも本屋としても喫茶としても街にあるお店の一つとして、ちょっとした避難所になれれば嬉しく思います。

画像1

ゆるりと集まるわけではなく、場所にいる。
ふとした瞬間に寄ってもらえる本屋と喫茶で在りたいと思っています。


7月以降のイベント情報

「広がる・繋がる」ためのイベントも定期的に行っています。
本屋部門では毎月「好きな本を話そう」と題して、好きな本を持ち寄って、それについてお話しするというイベントを行います。

次回は7月25日(日)に開催予定です。


画像2

ゆる~く好きな本について話してみようというイベントなので、興味のある方のご参加をお待ちしています!

喫茶からも、夏休み期間限定で「猫将軍×喫茶」の展示会を行います。

「猫将軍」とは、女性や宝石などのモチーフを元にダイナミックに描くイラストレーターで、若い世代にも人気です。 期間は8月5日(木)から8月15日(日)を予定しています。

両方の企画はSNSでもお知らせします!

※問合せは以下のSNSのメッセージでも承ります。

制作や喫茶の活動も随時更新していますので、ぜひチェックしてみてください!


SANJO PUBLISHINGの基本情報

住所 三条市本町2丁目13-1 旧カネ五洋品店

営業時間 11:00~19:00(火・水定休)

note:https://note.com/ncl_sanjo

Twitter:https://twitter.com/PublishingSanjo

Instagram:https://www.instagram.com/sanjopublishing


【三条市地域おこし協力隊活動ファイル#24】


最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。