見出し画像

今年の夏は下田であそぼう

こんにちは、三条市地域おこし協力隊(下田チーム)の金澤萌恵です。

今回は教育班の一大企画の一つ、『なつプロ2021』の紹介をしたいと思います。

 

1、なつプロとは

『様々な体験を通して子どもたちに、自分の“好き”を見つけてもらいたい』という想いから、この夏、旧荒沢小学校を舞台に「なつやすみプログラム2021」を開催します。地域おこし協力隊下田チームには様々なスキルや経験、そして子どもたちにも負けない好奇心を持っているメンバーがたくさん在籍しています。今年の夏はそんな隊員のスキルや経験を活かした10種類以上のプログラムを用意しました。どんな企画があるのでしょう?少しだけご紹介しますね。

2、おすすめ企画①

『身体の使い方を学ぼう』

 正しい靴の履き方や、身体の使い方など学校では教わらないパフォーマンスをアップさせるコツを現役のスポーツトレーナーから学びます。

「どうやったら早く走れる?どうやったら高く飛べる?」身体の使い方を意識するだけで、こんなに動きが変わるんだ!という目から鱗の感覚を味わえます。

(※写真注釈)BEATERSトレーナーとして活躍中の坪田さん(左)と鈴森さん(右)

スポーツが得意な子はもちろん、苦手な子も身体を動かすのがもっと楽しくなるかもしれません!
また、今部活を頑張っている子にもとってもおすすめです。実際、私も指導を受けてみて(中高バレーボールをやっていたのですが)「部活をやってる頃に教えてもらいたかった...」と思いました。

3、おすすめ企画②

『手作りの海で写真を撮ろう〜海の生き物&探検ずかんづくり〜』

 

下田で海の写真を撮るって?

今回は旧荒沢小学校の教室内に上の写真のようなイメージの“手作り水族館“をみんなで作ります。子どもたちは出来上がった水族館を探検しながら思い思いの写真を撮り、集めた写真で『探検ずかん』を作ります。簡単に撮影できるインスタントカメラ(チェキ)を使うので、カメラをもっていない子や写真をあまり撮り慣れていない子も気軽に参加できます。

(※写真注釈)水族館のイメージを作成中

都会でデザインやカメラマンの仕事をしていた隊員から、企画を通して「写真を撮る楽しさ」や「ものづくりの楽しさ」が学べるので、カメラやものづくりに興味のある子におすすめです!

4、おすすめ企画③

今年もやります!『水鉄砲合戦~しただの陣~』

 

昨年延べ37人が参加した水鉄砲合戦を今年も開催します。水鉄砲と水風船を使いチーム戦で戦います。年齢や学校の違う子どもたちも試合が終わるころには、すっかりチームワークが生まれひと夏の思い出となることでしょう。

(※写真注釈)汗と水でみんなびちょびちょ

思いっきり体を動かして遊びたい子や大人数でにぎやかに遊びたい子におすすめです。当日は着替え必須。ずぶぬれ覚悟で熱い戦いを繰り広げましょう。

 

5、さいごに

今回は3種類のプログラムをご紹介しましたが他にも昆虫食、フットバッグ、音楽、作文、絵日記などなど!魅力的な企画が満載です。
8月2日から24日まで土日とお盆を除き、毎日開催予定です。この機会にいろんな体験を通して自分の“好き”を見つけるチャンスにしてみてはいかがですか。

 今年の夏は下田であそぼう。

 なつプロの詳細や申込方法などは、協力隊の各SNSやホームページをご確認ください。

 LINE:https://lin.ee/bGYRzTN(子ども向けイベント情報発信)
Twitter:https://twitter.com/shitada_64
Instagram:https://www.instagram.com/64_shuraku/
Facebook:https://www.facebook.com/shitadaconnect
HP:https://sfs-jp.org/

【三条市地域おこし協力隊活動ファイル#29】

この記事が参加している募集

note新エディタ

スキありがとうございます!
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万6千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。