【10/6開催】先輩移住者に聞く!地方暮らしのリアル
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【10/6開催】先輩移住者に聞く!地方暮らしのリアル

こんにちは。三条移住コンシェルジュです。
今回は10月6日に予定されているオンラインイベントを紹介します!

新型コロナウイルスによって多様な働き方ができる時代になったことで、
都内にいる必要がなくなってきた昨今。
そんな今の時代を生きる中で都会から地方へと移住を検討する人も増えてきています。

「実際に移住してみたいけど、地方暮らしをしたことないから不安」「実際に地方で生活できるの?」
そんな疑問を持っている方向けに、実際に都会から地方へと移住した二人に
移住して感じたリアルな地域の側面や、お仕事、暮らし方などを聞くことができちゃいます!

今回は新潟県三条市に移住した二人にクローズアップ。
新潟県三条市とは、新潟県の中央部に位置する都市で9万4000人のまち。
「ものづくり」のまちと呼ばれ、特に金属加工を中心とした製造業が盛んな場所です。
世界的にも有数なブランド品が数多く、また高品質なアウトドア製品を製造している有名な会社も三条市に存在する。
「高品質」を世界に届ける三条市では、産業だけではなく、豊かな自然も特徴で、多くのキャンパーたちが訪れます。

そんな新潟県三条市の「暮らし」を移住者の話を通じて感じてもらうイベントです。
移住して感じたリアルな地域の側面や、お仕事、暮らし方などをご紹介します!

こんなことします!

・三条ってどんな所?移住者から見た地域紹介
・都会から移住して変わったこと、変わらないことは?
・移住を考える人必見!三条の楽しみ方

こんな方におすすめ!

・地方移住を検討しているけど、どこに移住しようか悩んでいる方
・地方にどんな仕事があるのか知りたい、働きかたを模索している方
・今後の生き方・暮らし方を変えたいと思っている方

======
<イベント概要>
◎日程 :10/6(水) 19:00〜21:00
◎場所 :オンライン(Zoom)
◎参加費:無料

※お申込みはこちらから↓↓


先輩移住者プロフィール

池田 和也(株式会社FoundingBase/三条市地域おこし協力隊)
1990年12月生まれ。佐賀県小城市出身。
国際基督教大学を卒業後、FoundingBaseの新規取り組みであった岡山県立和気閑谷高校の「高校魅力化プロジェクト」に参画。その後、国際進出支援を行うベンチャー企業を経て、2018年4月にFoundingBaseに復帰。
2019年11月よりCommunity Coordinatorとして新潟県三条市での事業づくりに従事

夏川戸 大智(株式会社FoundingBase/三条市地域おこし協力隊)
1991年生まれ。青森出身。小学校~大学を通して野球部に所属した。
卒業後はIT系のベンチャー企業でトップの営業成績を残すも、自分の働き が何に繋がっているのかが見えず「日本の未来を作っていく仕事が出来ること」、「信頼の置ける仲間と働ける こと」を軸に転職先を探す中でFoundingBaseに出会う。
力を尽くし現場で地域に貢献するメンバーに胸を 打たれ、入社を決意。
入社後は大分県豊後高田市で、観光事業、教育事業、農業事業の統括を担当、その後新潟県三条市に異動し関係人口創出事業を担当している。
まちに魅力を感じて訪れてくれる人を増やすことで、地域からもさらなる挑戦が生まれるようなまちづくりを実 現するために奮闘中。
目指すは「地域と都会を繋ぐインフラを創る」

この記事が参加している募集

note新エディタ

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。