図書館と一緒に作るまちなかのにぎわいづくり
見出し画像

図書館と一緒に作るまちなかのにぎわいづくり

はじめまして

ステージえんがわを拠点に地域おこし協力隊として活動している西陸 楓子(にしおか ふうこ)と申します

私は、来年度開館予定している図書館等複合施設を中心とした
まちなかのにぎわいづくりに取り組んでいます

今回は自己紹介と活動内容について紹介していきたいと思います


自己紹介

私は新潟市西区出身で、高校を卒業してからは10年以上新潟を離れていました

小売業に就職し、北関東エリアの新システム導入や新店の教育・研修、店舗サポートなどを担当していました

都内に通う京浜東北線の混雑に、いつまでたっても慣れることができなくて
出張・残業が多く、愛する猫たちのいる家にいられる時間も少なくて
「転職して新潟かえろう」と決めました

画像1

こちらがうちの猫たちです 可愛さが溢れてますね、はい

…少し脱線してしまいました
そして新潟に戻り、縁あって三条市の地域おこし協力隊として活動することとなりました


活動紹介

私の主な活動は「図書館等複合施設を中心としたまちなかのにぎわいづくり」です

来年度には、旧三条小学校跡地にステージえんがわも含めた一体の施設として、「図書館等複合施設(仮称)」が開館します

「学ぶ、見る、触れるものづくりのまちの図書館等複合施設」をコンセプトに、学びだけではなく体験もできるような施設になっています

画像2

こちらが新しい図書館のイメージです

この図書館が開館するにあたり、今年度は

・図書や本にふれあう人を増やしていくこと

・複合施設建設地のステージえんがわに足を運ぶ人を増やしていくこと

を目指し、毎月『絵本の世界』というイベントをステージえんがわで開催しています

絵本の中に出てくる料理や小物をつくるのに合わせ、三条市立図書館の皆様に読み聞かせをしていただき、その絵本の世界に入ることができるイベントです

“チリとチリリ”に出てくるクルミパンのいちごジャムサンドを作ったり

画像3

“にじいろのさかな”をイメージして琥珀糖を作ったりしました

画像4

また、ステージえんがわには「えんがわ図書館」という本棚があります

毎月のイベントテーマに合わせ、三条市立図書館の皆様に選書していただいた本が並んでいます

今月は『絵本の世界~きらきらの琥珀糖を作ろう~』に合わせて、「キラキラ」がテーマでした

画像5

琥珀糖、鉱物、和菓子、ビー玉、ゼリー、ステンドグラス、夜景がきれいな街など様々な本が並んでいます

毎月あっと驚く面白い本を選書いただいていますので、是非手に取っていただけたら嬉しいです


おしらせ

7月の『絵本の世界』は“メイシーちゃんレモネードを作ります”から、夏にぴったりのレモネードを作ります

画像6

そして8月には“はらぺこあおむし”から、はらぺこあおむしが土曜日に食べたピクルスを作る予定です

また、これからも様々な図書館と連携したイベントを企画しておりますので
楽しみにお待ちください

ご興味のある方は、是非ステージえんがわ(070-2827-8883)まで
ご連絡お待ちしております


ステージえんがわ

HP:http://sanjoy-machinaka.jp/engawa

Facebook:https://www.facebook.com/stageengawa

Instagram:https://www.instagram.com/stage_engawa



【三条市地域おこし協力隊活動ファイル#25】


最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。