新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「新潟で、はじめる。ゆったり子育て!」オンラインセミナー(参加無料・プレゼントあり)【2/27配信】

こんにちは!三条市役所地域経営課コミュニティ推進係です。


さて、本日は、地方移住を検討中の子育て世帯の方必見!オンライン配信イベントのお知らせです♪



参加無料(要申込み)・参加者プレゼントも!


家族と、子どもと、ゆったり「にいがた暮らし」を考えてみませんか?

2月27日(日)13時から新潟県主催の子育て世帯向けのオンライン移住セミナーが開催されます!

当日は、子育てを機に新潟に移住したゲストのリアルな体験談を配信!

また、三条市をはじめとした新潟県内市町村の担当者に子育て支援や移住支援、暮らしのことなど、何でも質問できます。


↓ 三条市の移住や子育て支援情報はこちらから


そして当日ご参加いただいた方に、もれなく&抽選でプレゼントもご用意しています。

ぜひお気軽にお申込みください!



イベント概要


■開催日時

令和4年2月27日(日)13:00~14:40
(受付は12:40から)


■開催方法

オンライン(Zoom)
※お申込みいただいた方に配信用のURLをメールでお知らせします。


■対象者

  • 新潟県外在住で、新潟県や地方へのU・Iターン、暮らしや仕事、子育てに関心がある方

  • 新潟県にU・Iターンしたばかり(おおよそ1年以内)で、新潟県での暮らしや仕事、子育てに関心がある方


■配信プログラム

13:00 開会
13:05 ゲストトーク
14:00 市町村に何でも質問コーナー(※)
14:40 閉会

※Zoomのブレイクアウトルームで、市町村担当者に直接質問できます!
【参加市町村】
 三条市、阿賀町、五泉市、新潟市、十日町市、糸魚川市


■ゲスト紹介


藤王 祐子さん(秋田県出身、新潟県五泉市在住)

東京で12年間働き、その間に結婚、出産。待機児童問題のピークで仕事復帰が難しく、育児のしづらさを感じ、2015年五泉市へ移住。現在は五泉市にて、セレクトショップ message one を経営し生活している。

message one インスタグラムはこちら(@messageone.1)


太田 喜子さん(東京都出身、新潟県上越市在住)

埼玉県川口市に住んでいたが、新型コロナウイルス流行の中、喘息がある息子のため、夫の実家がある上越市に家族と一時的に転居。上越での暮らしで息子の体調が良くなったこともあり、2020年10年、正式に移住。


■市町村に何でも質問コーナー

市町村の移住や子育て担当者に、気になることを何でも直接ご質問いただけます!

Zoomのブレイクアウトルームの機能を使いますので、少人数で気軽に質問できます。

≪質問コーナーの流れ≫
●市町村担当者自己紹介
●ブレイクアウトルーム(1)
 最初のルームは事務局がランダムに割り振ります。知らなかった自治体を知るチャンスかも!
●ブレイクアウトルーム(2)
 後半は気になる市町村のルームに自由に入室できます。どんどん質問してみてください!



お申込み方法

こちらのフォームから必要事項をご入力の上お申し込みください。


参加者プレゼント

今回のセミナーはダブルチャンス!

もれなく&抽選でプレゼントをお届けします!

プレゼントはいずれも、新潟県のU・Iターン相談窓口「にいがたくらしごとセンター」にご登録いただける方が対象です。
(今回新規登録の方、登録済みの方ともに対象です。)

登録していただくと、にいがたくらしごとセンターから、U・Iターンに役立つ情報をメールで配信します。
相談員に移住や就職、転職などに関する個別相談もできます。

この機会にぜひご登録ください!


《プレゼント1》もれなく新潟県内メーカーのお菓子をプレゼント!

新潟県内メーカーのお菓子(2点程度)をプレゼントします。
何が届くかはお楽しみに!


《プレゼント2》抽選で選べるプレゼント!


A賞
新潟米「新之助」2合(約300g)×3個セット 5名様

画像はイメージです

「はじまりです。新潟から、日本のお米の新基準。」

ついに誕生した新潟米「新之助」は、きらめく大粒にコクと甘みが満ちていて、ごはんの可能性が無限に広がります。
日本の食の未来を切り開くお米です。

新潟米「新之助」について詳しくはこちら


B賞
職人の手作り!子供と親のための爪ヤスリ「つgood(つグット)」 1名様

つgood(つグット)は吉田ヤスリが提案する子どもと親のための爪ヤスリです。「良い爪に」という意味での「つめグッド」と燕の地で100年以上続く鑢(ヤスリ)屋を継承する意味での「継ぐ」という想いを込めています。

子どもが持っても安心、安全、肌を傷つけない優しい爪ヤスリです。赤ちゃんの時からお子さんが大きくなっても使えます。

オールステンレスで丸洗いできるので、衛生的にもGOOD!

つgoodについて詳しくはこちらをご覧ください!(有限会社吉田ヤスリ製作所のホームページ)


三条に移住した子育て家族紹介


最後に、三条に移住して子育てをしているご家族の記事をご紹介♪


「自然と近い暮らしがしたい」と三条に転入された捧さんご家族。三条市の下田地域にある空き家を借りて、一部はご自身の手で改修を施して住んでいらっしゃいます。移住の経緯や三条での暮らしについてお話を伺いました。


三条市の下田地域で起業を目指して活動をする「ローカルアカデミーin下田」に夫婦で参加している平地さん。三条市内でも特に雪の多い下田地域での初雪体験を綴ります。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。