「自分らしく」ってなんだろな
見出し画像

「自分らしく」ってなんだろな

と、“Let it be”を叫ぶビートルズに問いたい。

こんにちは。
三条市役所地域経営課の地域振興係です。

突然の問いかけからスタートしましたが、
皆さん、ひと昔前に比べて、老いも若きも、男も女も関係なく、さまざまな選択肢が得られる世の中になったと思いませんか。
でも、「自分らしく生きていますか。」
そう問われて、頷ける方はどのくらいいらっしゃるのだろう。

大人(と認識される年齢と容姿)になって、自分らしさについて考える機会が増えました。というよりも、小さい頃は何でも好き勝手にさせてもらったので、そんなことを考える暇さえなかったのかもしれません。
そう思うと、大人になれば、色々な方と関わります。
色々な方と関わることで、自分と他人との価値観の違いに気付き、驚きます。

その驚きは、ポジティブなものでもあり、ネガティブなものでもありますよね。そんな考え方があったんだ!と人との出会いに喜んだり、もしかして、私浮いてる?と不安になったりならなかったり。

…やっぱりビートルズに問いたい。

ポールに問いたい私のような方に、ぜひお越しいただきたいフォーラムがあります。

その名も 「性的マイノリティフォーラム ~自分らしく生きる~」

最近よく「LGBT」という言葉を見聞きするようになりました。
でも『何となくは分かっているけど、LGBTについてきちんと理解できているかどうか…』という方も多いのではないでしょうか。

本フォーラムは、LGBT(性的マイノリティ)についての講座や当事者の方の生の声を聞くことで、LGBTの知識を深めたり、「自分らしく生きる」ヒントを得たりして、一緒に考えてみようという企画です。

何だか急に宣伝っぽいじゃん。わざわざ休みの日に講座かよ。

そうです、宣伝です。でもこの講座、わざわざお越しいただく意味のある貴重な機会なのです。

講師は、某夢の国で同性結婚式を挙げ、国内初の同性パートナーシップ証明書を取得し話題になった、公認心理師で元タカラジェンヌの東(ひがし)小雪さん。

新潟県弁護士会人権擁護委員会レインボープロジェクトチーム座長を務められており、県内の性的マイノリティ、LGBT関連の第一人者として、マスコミ等でも積極的に発言されておられます、黒田隆史さん。

そして、ファシリテーターは「ほうれい線は恋の落とし穴」でおなじみ、県央のアイドル、燕三条FMパーソナリティのさとちんさん。

この個性的な3人が、LGBTについて、自分らしさについて、あれこれ語らいます。

対談には、三条市長の滝沢亮も参加し、「選びたくなるまち三条」についての未来予想図の一端をお話する予定です。

私らしく生きること。素直な自分を好きになること。自分を大切にすることが、他の人へのやさしさにつながり、住みやすいまちへの好循環が生まれるはず。
学びと笑い(?)の多き、楽しい会になることをお約束します。

令和も4年目に突入しようとしています。
私も、ここまで読んでくださった皆さんも、もっと自分らしく生きられるように。
師走の忙しさからしばし離れて、「自分らしく生きる」ことについて、考えてみませんか。

三条市性的マイノリティフォーラム
~自分らしく生きる~

日 付  令和3年12月11日(土)
時 間  午後2時~午後4時
ところ  体育文化会館(新潟県三条市荒町二丁目1番3号)
定 員  300名
参加費  無料

申込方法
次のうちいずれかの方法で申し込みをお願いします。
▶専用フォームに入力 → こちらをクリック
▶三条市役所地域経営課地域振興係に連絡
「12/11フォーラム参加」として、名前、住所、電話番号をお知らせください。
 電 話 0256-34-5624
 FAX 0256-33-5732
 メール chiikikeiei@city.sanjo.niigata.jp

R3.12.11マイノリティフォーラムチラシ


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。