「文化を醸す三条を目指して」まちの本屋『SANJO PUBLISHING』での2年目に向けてのご挨拶
見出し画像

「文化を醸す三条を目指して」まちの本屋『SANJO PUBLISHING』での2年目に向けてのご挨拶

こんにちは。中央商店街にある本屋さんと喫茶店「SANJO PUBLISHING」の本屋担当をしている、地域おこし協力隊の町田です。

2021年2月22日にオープンしたSANJO PUBLISHINGが、1周年を迎えることができました。実際に来てくださったお客さんもそうですし、いろいろな方たちにアドバイスをもらい、感謝の気持ちでいっぱいです。2年目も引き続きよろしくお願いします。

さて今回、私の前職であるJICA海外協力隊(以後JICA)から取材されたお話と、新潟市西蒲区のプロモーションブースを期間限定でお手伝いしたことを振り返ります。


エチオピアが教えてくれた!日本でも活かせる「地域に入るための心構え」と動画公開について

さてまずは、12月の三条市のnoteにて喫茶担当がお伝えしたJICAに取材してもらった様子が公開されました。

 
そもそも企画として、「JICAって何?」 「どういう人が(JICAに)参加するの?」という疑問に対して、経験者が語る体験談とその後の進路についてお伝えするもの。今回、エチオピア赴任をして、現在三条市の地域おこし協力隊として活動している私に依頼がありました。

実際、先月公開された動画がこちらです。


動画を撮るにあたり、SANJO PUBLISHINGと中央商店街、五十嵐川の河川敷で撮影していただきました。他にも、自身の取り組みについて喫茶担当や制作担当もインタビューに答えています。

撮影班からは、「旧カネ五洋品店さんの面影や五十嵐川の光景がすごくいい雰囲気でした」と褒めてもらい、改めてここで活動するありがたみを実感しました。


「文化を醸す三条を目指して」 新潟市の西蒲映画の展示ブース

先月はもうひとつ、こんな展示を行いました。

新潟市西蒲区と武蔵野美術大学が共同制作した西蒲区を舞台にした映画「西蒲映画」、2月から関東圏内での上映に合わせ、新潟県内の各地でリレー形式にプロモーションが行われていました。その一環として、SANJO PUBLISHINGでは西蒲映画の上映の他、パンフレットの展示や映画にまつわる本の展示を行いました。

三条という地における文化を醸成していく場になれるようにと、今後も文化創出する企画を行っていきます。


今後の予定

SANJO PUBLISHINGは、3月もイベントが盛りだくさんです。

定期的に開催する「好きな本を話そう」は、19日(土)と28日(月)に開催します。また、三条市内の生産者の農産物を活用した地産地消フェアも26日(土)と27日(日)に開催。

その裏では、SANJO PUBLISHINGの3階の改装工事を行っています。みなさまにお披露目できるように準備していますのでお楽しみに。

その他、お店の情報など詳しくはinstagramまたはTwitterにてお伝えさせていただきます。


SANJO PUBLISHINGの基本情報
住所 三条市本町2丁目13-1 旧カネ五洋品店
営業時間 11:00~19:00(火・水定休)
Twitter:https://twitter.com/PublishingSanjo
Instagram:https://www.instagram.com/sanjopublishing
【SANJOPUBLISHINGのnoteもぜひフォローしてご覧ください↓】
note:https://note.com/ncl_sanjo  

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。