【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
三条市に移住して半年が経ちました♪
見出し画像

三条市に移住して半年が経ちました♪

みなさん、こんにちは!

三条市の下田地域で起業を目指し、地域を学ぶ活動をする、ローカルアカデミーin下田に参加している平地礼子です。

春も過ぎ去り、日に日に気温が上がってきました。
汗ばむ陽気の日もあり、ついこの間まで雪が残っていたのにな~なんて思う今日この頃です。

しばらくの間、空は分厚い雲に覆われ一面が白黒だった景色も、見違えるほど色彩豊かな景色へと様変わりしています。


白黒だった世界が・・・



鮮やかに様変わりしました!


最近の我が家の日常

草花もエネルギーに満ちあふれ、虫たちも活発に活動し始めました。


ハンターと化した我が家の男の子達も、そんな様子に目をギラギラとさせています。

ある日、狩りに出た子供たち。何やら興奮しています。
これは、何か大きな獲物を捕まえたんだなと思いました。

みなさん、なんだと思いますか?

カブトムシかなぁ….

クワガタかなぁ…..

いやいや、まだ時期が早すぎるよな?!なんて考えていると……

子供たち 「ママぁー、ヘビ捕まえたぁ~!!!!!!!!」

私    「!!!!!!?ぎょぇ~~~~!!!!」

と、目が点になりました。

私の気持ちなんて露知らずで、子供たちの誇らしげな顔だこと!

そして、しばらくの間、飼ってみたいというじゃありませんか….

子供たちの気持ちは既に固まっています。

ヘビの飼い方を、必死に調べて勉強しています。

そんな様子に、今まで経験できなかった事を自然からも学び貴重な経験をさせてもらっているんだなと思いました。

実際には、そんな冷静ではなかったですが笑

けれど、自然の厳しさや恵みを肌で感じながら生活している子供たち。

さまざまな経験から、生きる力や糧を養い、たくましく大きく成長してくれればなと願っています♪

そして、その後のヘビの行方が気になりますよね笑

この記事を執筆しているのが、ヘビを捕獲した翌日なのですが。

結論として、まだ我が家にいるんです…..

あの後…….

子供たち 「ヘビは、カエルも食べるんだって!カエル捕まえに行く!!」

と、たくましすぎる話し声が聞こえています。。。。

自然界では、当たり前のことですが。何やら、残酷なお食事シーンが連想されます。

こ•こ•こ….恐い………!!!!!!!

ヘビさんも可哀想だから、少しだけ観察して逃してあげようね!と約束しました。

現在、三条市下田地域で家族4人+ヘビ1匹で仲良く暮らしています笑

活動について


地域のサークル活動に参加しました

移住してこの半年、地域課題はなんなのか?
地元の方々は、どんなサービスを必要とされているのか?
と、必死に模索してきました。
どうすれば、上手く行くのだろう?

けれど、少し肩に力が入り過ぎていたのかもしれません。

ある方に、ここに住んでるだけで地域貢献になってるよ!と言っていただき、ほっと気持ちが楽になりました。

あまりにも、地域課題はなんなのだろう?
少しでも、地元の方のお役にたつ事がしたいと考え過ぎていたのかもしれません。

もちろん、今もその気持ちには変わりありません!

私の特技であるフラワーアレンジメントや植物雑貨の製作を通じて、みなさんに楽しんでいただけないだろうか?
私に何ができるんだろう?と常にアンテナを張っています。

けれど、私1人で出来ることって本当にちっぽけなことだと思います。

活動していく中で、地域のためにと活動されている多くの地元の方に出会います。
まさに三条市に移住して素敵だなと思うことの1つに、さまざまな年代の方に楽しんでいただけるイベントが多数開催されていることです。

色々な地域で、ご近所の方・地元の方向けに活動されている方がたくさんいらっしゃいます。

私も、私にもできる小さな活動を1つ1つ見つけ、地元の方々と一緒に三条市を盛り上げていければなと思っています。

みなさんと、楽しく活動できることを楽しみにしています!

次回の記事も楽しみにして下さると嬉しいです。

この記事では、移住者だから気づく三条市のここが素敵!ファミリー層が楽しむ三条での暮らし・起業に向けての活動についてをメインテーマにお送りしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。