「誰かの小さなやりたい」を叶えるために~Blancの初の試み~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「誰かの小さなやりたい」を叶えるために~Blancの初の試み~

こんにちは。
地域おこし協力隊(株式会社FoundingBase)の北村彩美と申します!

簡単に自己紹介↓
1991年生まれ。神奈川県横浜市出身。高校卒業後、立教大学で観光学部を専攻。
その後地域に関わる仕事がしたいと思い2020年7月にFoundingBase入社。現在は新潟県三条市にてコミュニティカフェBlancの企画運営を行っています。

写真1

今回はBlancで行っている取り組みについてご紹介したいと思います!


コミュニティカフェBlancとは

「誰かの小さなやりたい」を叶えるというコンセプトのもと、メンバー全員で運営をしています。2020年の7月にオープンし、少しずつ形を変えながら現在では地域の方々の集いの場所や、若い方にも沢山来ていただける場所となってきました。Blancという言葉には、余白、空白という意味が込められており、お客様や新しい何かを始めたい方が、Blancという場をきっかけに何かを始められる(余白を埋めていく)ようになることを願い始まりました。

写真2


現在は、毎月定期的にイベントを開催しており、来てくれたお客さんと一緒にイベントを企画したり、間借りカフェとして誰かに使ってもらったりと、さまざまな方が関わってくれる場所になりました。

写真3

過去のイベントはこちらから


Blanc初の野外イベントの実施

今回は、10月2日に実施したBlanc初の野外イベント、ミズベリングゆうぐれビアガーデンについてお伝えしたいと思います。

写真4

このイベントはいつも間借りで出店をしているゆみちゃんから「下田に観光客を呼ぶイベントを作りたい!」という話をもらったことがきっかけで、有志が集まり三条を舞台に面白いイベントをしようという話になりました。

コロナ禍での会場探しとなったため下田での実施は難しかったのですが、三条市内にあるミズベリング三条という場所で実施できることになりました。
三条市といえばものづくりの町、またアウトドアメーカーも多いため、来てもらった人たちに秋を感じてもらえるようなアウトドアイベントがしたい!という話になり、イベントを企画し始めました。

そうしてできたのが、今回実施したミズベリングゆうぐれビアガーデンのイベントでした。

写真5

当日は県央地域でクラフトビールを出しているお店の方々や、新潟市で活動をしている泡盛好きな方など、総勢10店舗の方々が出店をしてくれました。
また会場を使ってテントサウナや手ぶらBBQを行ったり、ハンドパン奏者の方を呼んでハンドパンの演奏会も行いました。

写真6

はじめての野外イベントだったため、たくさん反省点はありましたが
Blancとして「誰かの小さなやりたいを叶える」を大きな形で実現できたのは私たちにとって大きい出来事となりました。


今後やっていきたいこと

今後もBlancにきてくれたお客さんや関わってくれる方と一緒に
「誰かの小さなやりたいを叶える」ために色々なコトを生み出していきたいと思っています。
またBlancの中だけではなく、商店街の方々や周辺地域の方々と一緒に人が集まるようなイベントを起こしていきたいです。
何かやりたい!と思った方はぜひ一度お店に遊びにきてくださいね!

Blanc(ブラン)
新潟県三条市本町2丁目13−9
OPEN 11.00 / CLOSE 18.00 定休日:不定休

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。