はじめて横浜を出た私が三条、下田でやっていること
見出し画像

はじめて横浜を出た私が三条、下田でやっていること

こんにちは。

地域おこし協力隊(下田)の石田紗枝子です。

夫のプロフットバッグプレイヤー石田太志が先に協力隊として活動をしていて、数ヶ月後の2020年10月に私も着任し、スポーツ班「フットバッグ」に属し活動しています。

私は、神奈川県横浜市で生まれ育ちました。

初めて三条市下田地域に来たとき、空の広さ緑の多さ、視界いっぱいに広がる自然に驚きました。

そして、4歳の息子を含め家族3人で未知なる地へ引っ越してきた私の活動内容をお話しします。

写真撮影

フットバッグ班での活動のひとつに写真撮影があります。

今まで7年間、夫を撮ってきました。

カメラは、実践で学び、まだまだ勉強中です。

フットバッグを通して下田地域の魅力をお伝えしたく、移動中やインターネットなどで魅力的な場所を探し撮影をしています。

少しだけご紹介します。



・白鳥の郷公苑

職場である旧荒沢小学校近くを五十嵐川が流れています。

白鳥の郷公苑には、毎年11月頃になると白鳥がやってきて、多い年で400羽ほど飛来するそうです。

・諸橋轍次記念館

大漢和辞典の編者で漢学者の諸橋轍次博士の遺品・遺墨・その人徳を偲ぶ人たちから寄せられた作品や貴重な資料が展示・収蔵されている記念館の庭園です。

そこに、孫悟空塔があり三蔵法師御一行と撮影をしました。

・デンカビッグスワン

下田地域から離れますが、新潟県民の方はみんな知っている場所ではないでしょうか。

先日こちらでアルビレックス新潟の試合前にフットバッグパフォーマンスと体験会を行いました。
それ以前に打ち合わせで伺った際に撮った写真です。



おすすめの撮影場所がありましたらぜひ教えてください。

夏プロ コラージュアート体験

教育班が企画をしている、なつやすみプログラム2021のプログラムのひとつ「かわいいをひとつに!コラージュアート体験」を移住支援班の田中さんと一緒に行いました。

今回のように他の班の方と同じゴールに向かって進めていくことは私にとって新鮮でとっても楽しかったです。

参加してくれた子ども達からも嬉しいお言葉をいただき、今後はこういった形でも地域の方と関わっていきたいなと思いました。

みんなで完成させたコラージュアートです。

現在、旧荒沢小学校に飾っています。

私自身ももっと下田地域を知って魅力を伝えると共に、地域の方が笑顔になれるようなことを実行していきたいと思います。

その為にも下田での生活を楽しく続けていきます。

次にこちらでお会いする時にまた新たな報告ができると思いますので、楽しみに待っていていただけると幸いです。

これからも地域おこし協力隊(下田)をよろしくお願いいたします。

職場にある畑でわたしが育てているナスなのですが、先日さくらんぼのように実っていました!

読んでいただきありがとうございました。

ではまた。

【三条市地域おこし協力隊活動ファイル#40】

この記事が参加している募集

note新エディタ

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。