新潟県で見つけた『スキ』
見出し画像

新潟県で見つけた『スキ』

いろんなスキを集めました。

みなさん、こんにちは!
三条市の下田地域で起業を目指て活動をする、ローカルアカデミーin下田に参加している地域おこし協力隊の平地礼子です。

桃の節句も近づき、いよいよ春も間近ですね。みなさん、お元気でお過ごしでしょうか?


私たち家族が、三条市下田地域に移住して4か月が過ぎようとしています。
初めこそ不安もあった三条の冬ですが、順調に楽しく過ごしています。

前回の記事はこちら↓

今回は、新潟県にきてから見つけた、いろんな「スキ」をご紹介します。

スキーが好き!

子供たちが通っている小学校では、3学期になるとスキー学習が始まります。
スキー未経験の子供たちは、それはそれは楽しみにしていました。
これも、雪国ならではの醍醐味ですよね?!
主人も私もスキーの経験がないので羨ましい限りです。


三条の方とスキーの話題をすると、スキーのインストラクター経験がある方がちらほらいらっしゃいます。
さすが、雪国!

スキーの出来ない私たちにとって、控えめに言っても、皆さんカッコ良過ぎます!

外国の方を見たら、皆さん英語を話せると思ってしまうのと同じように。
三条の方を見たら、皆さんスキーが出来ると脳内変換されている私です笑

そんなスキー上級者の方から、「一度は、スキー教室できちんと教えてもらうと良いよ!」とアドバイスを貰いました。
子供たちにブーツの履き方も教えることが出来ない私たちは、さっそくスキー場で行われているスキー教室に参加することにしました。

下田地域は、スキー場への利便性もすごく良いんです。
1番近くだと、30分程車を走らせれば到着してしまうほどです。
今まで私たちが住んでいた所(西日本)から、スキー場に行くとなると旅行の感覚に近く、気軽に行けませんでした。

それが、下田地域からは「ちょっとそこまで♪」が可能なロケーションなんです。
ウィンタースポーツがお好きな方にとっては、まさに天国ではないでしょうか?!

初めてのスキーウェア 決まってるでしょ?!笑


そして、私たちのように
「子供にスキーを体験させてあげたいけれど…お父さんお母さんも未経験で難しいなー。」
というファミリーの方にとっても、とっても優しい場所なんです。
初心者の方たちが、練習するにもほど良い広さのゲレンデなんですよ。

近くのスキー場では、週末になればスキー教室が開校されます。
スキー教室に参加すると、レベルに応じてクラス分けがされ、インストラクターの先生たちが手取り足取り丁寧に教えてくれます。
私たち保護者は、申し込みをするだけです!笑

最初こそ、滑るという感覚が掴めずおっかなびっくりだった子供たちですが、何度も転ぶうちに、どんどんコツを掴み、目に見えて上達していく様は誇らしげでした。

真剣にアドバイスを聞いています。

さすが、子供たちは飲み込みが早いですよね!
しかも、インストラクターの先生たちは教えることもそうですが、褒めて子供たちに自信をつけるのも本当に上手です。

親と子だと、ついついイライラしちゃうなんて事もよくありますが…

そこは、さすがプロです!
レッスン中、子供たちは弱音を吐く事もなく最後までがむしゃらに練習していました。
だんだん滑れるようになってくると、本人たちも楽しくなってくるようで「もっと滑りたい!もっと練習したい!」と帰るタイミングに困るほどでした。

そして、最後にはリフトにまで挑戦する事が出来ました。

動画でお見せできないのが残念!


この記事が公開される頃には、子供たちは学校で行われるスキー大会に自信を持って取り組んでいることでしょう♪
頑張れー!!!

※学校で行われているスキー学習ですが、三条市内全ての小学校で行われているわけではないそうです。
ご興味のあるファミリーの方々は、一度ご相談下さいね!


心に秘めた好き


地元の方に「京都から引っ越して来ました。」というお話をすると、決まって
「なぜ、こんな所に?」
「こんな何もない所に…」
と言われる事が多いです。

けど、お話をしていると
「三条は、~な所でね。」
「下田は、~な素敵な場所があるよ。」
「~が美味しいよ!」
と、みなさん思い思いの三条の魅力を教えてくれます。

私、気づいてしまったんです!!

三条の方は、みなさん控えめで謙遜されているだけで、心の中に秘めた強い郷土愛を持たれているんだなという事に!!
一度は都会に憧れ、地元を離れた若者も、離れたからこそ分かる地元の良さに気づき戻ってくる方も多いと聞きました。

移住して間もない私たちでさえ、たくさんの三条の魅力を発見しています♡

大好き!にいがた!

だいすき~にいがた~♪

みなさんは、朝の習慣って何かおありですか?
私は、バタバタする朝の時間配分の為に、いつも決まったニュース番組を聞き流しています。
そのニュース番組の中で、全国の天気予報のあとに新潟県の天気予報に切り替わる時間帯があります。

そこから、流れてくる『だいすき~にいがた~♪だいすき~にいがた~♪』という〝どストレート〟な郷土愛を表現したメロディー!

新潟県民の方々は、みなさん一度は口ずさんだことがあるんじゃないでしょうか?

かく言う私も、このメロディーが聞こえてくると、今ではついつい子供たちと一緒に口ずさんでしまってます!笑

新潟市出身のYUKIさんが歌われている『大好き!にいがた!』は、株式会社NST新潟総合テレビの「大好き!にいがた!」キャンペーンソングに起用されています。

NSTの県内ニュースの「オープニング」「天気予報」「エンディング」などで流れているそうです。

ぜひ1度聞いてみて下さい!!

お花がスキ!


そして、移住しても再確認する『やっぱりお花が好き。』ということ。

下田で送ることができているこの穏やかな暮らしの中で、自分を見つめ直す時間が自ずと増えています。
自分の本質・自分自身の幸せの定義。

けど、私という人間は単純で、好きなもの・好きな人に囲まれていると幸せなんだということ!

きっと、みなさんもそうなんじゃないでしょうか?


私は、フラワーアレンジメントを通じて、みなさんの笑顔を見ることが好きなんだと思います。
お花って、プレゼントに選ばれる事も多いですよね!
お花を見ると、自然と笑顔になる方も多いんじゃないでしょうか?
私は、その瞬間に携わりたい・その瞬間のお手伝いをしたいんだと思います。
その笑顔を見る事こそが、私の見つけた『スキ』の1つです。
きっと、そのツールがお花じゃなくても良いのかもしれません。笑


みなさんも、いつもお世話になってるあの人に!大好きなあの人に!お花をプレゼントしてみませんか?

今月のアレンジメント

バラ・アルストロメリア・コデマリ・ドラセナなどをつかって、アレンジしてみました。
市場には、たくさんの春の花たちが出回って来ています。
一足先に、春を感じてみませんか?

みなさんと楽しく活動出来る事を、楽しみにしています。


では、次回の記事も楽しみにして下さると嬉しいです。


この記事では、移住者だから気づく三条市のここが素敵!ファミリー層が楽しむ三条での暮らし・起業に向けての活動についてをメインテーマにお送りしたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【三条市地域おこし協力隊活動ファイル#100】

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。