【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
伝統の200年、新潟県三条市で「三条祭」が3年ぶりに開催されました。
見出し画像

伝統の200年、新潟県三条市で「三条祭」が3年ぶりに開催されました。

こんにちは。
三条市で首都圏からの移住者支援を行っている、地域おこし協力隊員の松岡です。

今回は、3年ぶりに開催された三条まつりをレポートします。

大名行列200周年 三条まつりが開催されるまで

今年は、大名行列が江戸時代に始まって200周年の記念すべき年に当たります。
昨年は開催予定でしたが、開催日ぎりぎりの4月30日に中止の発表がありました。
多くの準備が既に進んでいたにもかかわらず、無念で仕方なかったと思います。
三条市のみなさんが、今年の開催をどれほど待ち望んだことでしょうか。

今年こそは必ず成功させるべく、三条まつり若衆会のみなさまが1月から長い時間をかけて準備してきました。
安心と安全をいかにして守れば開催できるのか。

若衆会のみなさまは、全員が仕事を持つ社会人にもかかわらず、
夜遅くまで議論と検討がなされていました。

そして、令和4年5月14日と15日。
最高に晴れわたるの天気の中、遂に開催されたのです!

祭りの流れ

  1. 1日目の14日は「八幡宮宵宮」と呼ばれる、祭りの前夜祭
    多くの露店が三条八幡宮に出店し、若者から家族、年配の方までが集まりました。

  2. 2日目の15日は「八幡宮大祭」
    祭りの本丸である大名行列が大通りを歩きます。
    総勢200名近くが歩く行列の沿道には多くの地域の方が見守ってくれました。

  3. 3日目は「八幡宮多々神楽奉納」
    行列で使われた様々な神楽を神社に奉納します。
    そして、来年の祭りまで静かに納まります。


八幡宮宵宮はどんな感じだったか?

三条市民は、乗用車が主な移動手段なので道路を人が歩いていることは少なくて、夜もそれほど出歩いていません。

それが、この日ばかりは大変な賑わいでした!

夕方16時位から露店が並び、にぎやかな声が聞こえてきます。
子供も若者もファミリーも、「この日を待ちに待っていました!」という声がいまにも聞こえそうです。
皆さんに許可を頂き多くの写真を撮影したのでご覧ください。

宵宮を楽しむ市民の皆様

街の人の歓声や笑い声を聞くと、この地のエネルギーを感じます。
素敵な笑顔の写真を集めてみました。



少しづつ、夜も更けてきました。益々祭りの活気が増してきます。
もはや行列の最後はいったい何分待てば商品が手に届くのか想像もつきません。




そして、三条市を守る八幡宮内では、神様に明日の安全を祈願する儀式が行われていました。



5月15日の大名行列は3年ぶりの開催。
遅い時間でも尚、集まる人々。
私も明日の大名祭りが楽しみになりました。


大名行列のルート

200年続く大名行列は、約200人の若衆がそれぞれの持ち場につき、
約2キロを歩きます。
感染症対策のため、例年より短い距離でしたが、参道から終着点までを90分間ゆっくりゆっくり歩きます。
江戸時代は、本当に大変な旅路だったんだろうなあと思いました。


終わりに

伝統と歴史を継承する三条市の若衆達。
5月は農業や新年度の仕事がとても忙しい中、毎年毎年祭りを守り続ける心意気に頭が下がります。
また、早朝から行列参加者の衣装を着付けてくれる女性たちも大変な作業だったかと思います。
こうして町ぐるみで一つの催しを行う、三条市の企業と市民の皆さまの結束の表れだなと思いました。

6月にも、三条市を代表するお祭りがあります。

三条市「凧合戦」


凧と書いて「イカ」合戦と読みます。
こちらは凧のケンカ祭り。
エネルギー溢れる祭りです。
是非三条に遊びに来て、直にご覧になってください!

~三条市のご紹介~
三条市の企業詳細情報はsanpostをご覧ください。
三条市公式観光サイトはこちら
その他、新潟県三条市の移住支援、企業誘致、起業相談、就職サポートに力を入れています。
お問合せください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。