【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
「まちやま」で迎える夏の日
見出し画像

「まちやま」で迎える夏の日

6月になり、気温が25度を超える日も多く、夏の足音が近づいてきましたね。
我が家の裏手の田んぼではカエル達が大合唱。
静けさが恋しくなる今日この頃です。

お久しぶりです。
ステージえんがわを拠点に活動している地域おこし協力隊のにしおか ふうこです。

さて、みなさんは今年の夏、どこかへおでかけする計画を立てていますか?
三条市では、7月24日(日)に図書館等複合施設「まちやま」が開館する予定です。

もし、「まだ夏の予定決まってないよ」という方がいましたら、ぜひお立ち寄りください!

本と仲良く

まちやま開館に向けて、図書館や本が身近なものになっていただけるよう、5月8日にイベント『まちやま大作戦ー引っ越しの巻―』として、地域の皆さまと本の引っ越しをしました。

バケツリレーで1冊ずつ運びます。

絵本の読み聞かせや


移動図書館「ひまわり」も登場し、山積みの本を運びました。

当日は気温が25度を超え、日差しが強い中でしたが、多くの皆さまにご参加いただきました。
そして、準備していただいた本は、絵本から写真集まで様々な本が沢山!
読みたくなるような本が1冊は見つかったのではないでしょうか。

ちなみに、全部で692冊の本を運ぶことが出来ました!
(本来は2時間程バケツリレーをする予定でしたが、暑さで短時間の開催でした)

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。


そもそも、図書館等複合施設「まちやま」って何?

この施設は、
・図書館
・科学教育センター
・鍛冶ミュージアム
・ステージえんがわ
・ひろば
などが一体となった施設です。

「まちやま」の名前は施設の愛称を募集して決定したものですが、応募者の方はその由来を『施設の形態から、まちの中にある大きな山と、その中にいろいろな楽しさや知識、学びがつまっている様子をイメージしました。また、隣のステージえんがわ(2016年開館)の「えんがわ」とそろえてひらがな4文字にしました。』と仰っていました。

「まちやま」のコンセプトは、「学ぶ」「見る」「触れる」ものづくりのまちの図書館等複合施設です。
館内の各所にそれらが感じられるような仕掛けがあります。
開館したら仕掛けを探しながらぜひ歩いてみてください。

また、今までの図書館と違い、にぎやかさと静けさが共存した施設です。
図書館は静かにしなければいけない場所から、にぎやかさも感じられる場所に。

カフェでコーヒーを飲みながら勉強したり
ひろばでお昼寝したり
えんがわで夜にお酒を飲みながら本を読んだり

それぞれの心地よい場所を見つけられそうです。

館内を少しご紹介


靴を脱いで本が読める「おはなしの部屋」や

「おはなしの部屋」


沢山の本が手に取りやすい本棚


勉強や読書がはかどりそうなコーナーからは、


吹き抜けの解放感を味わうことができます。


これからのこと

これから図書館等複合施設「まちやま」では、オープニングに向けてSNSやホームページを通じて施設の様子やイベント情報などが順次発信されます。

図書館等複合施設「まちやま」
HP

Instagram

Twitter


↑ ぜひ、フォローしてみてください。
そしてオープン当日、7月24日(日)のイベントもお楽しみに。

それでは、また。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。