【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
三条で「好き」を仕事に!~先輩移住者に聞いてみた~
見出し画像

三条で「好き」を仕事に!~先輩移住者に聞いてみた~

こんにちは。地域おこし協力隊で、「三条移住コンシェルジュ」として活動しているFoundingBaseの池田です。
今日は三条へ移住された方に、移住について聞いてみました!

移住コンシェルジュとは?

移住コンシェルジュとは、2021年からスタートした、三条市の移住に関する相談をワンストップでサポートする取り組みです。まちなかにあるコミュニティカフェBlancを拠点とし、年間500人以上の方々の移住相談に対応しています。


移住者のご紹介

佐々木さん(30)
以前の居住地:滋賀県
移住のきっかけ:三条市内企業への就職

先輩移住者とのフリートーク

池田)
改めて今日はよろしくお願いします。早速ですが、簡単に自己紹介をお願いします!

佐々木)
よろしくお願いします!
埼玉県出身で、大阪、滋賀などで働いた後、転職を機に三条へ昨年引っ越してきました。元々釣りが趣味でして、いつかその趣味につながる仕事をしたいと思っていたところ、市内の企業さんと御縁があり、移住することにしました。

池田)
なるほど!釣りがお好きなんですね!
三条では、釣りに関連するお仕事をされているのですか?

佐々木)
はい。現在はアウトドア製品や釣具の開発をする部署に勤めています。デザインから設計まで一貫して携わらせてもらっています。

池田)
へぇ~そうなんですね!でも最近はアウトドアブームだったりで、仕事も忙しいんじゃないですか?

佐々木)
そうですね。昨今のおこもり需要やアウトドアブームで業界全体が伸びていると聞きます。
僕がいる部署は、企画から開発まで、自分のペースで進めさせてもらえているので、日々楽しく仕事をすることができていますよ。会社の雰囲気もよく、一緒に働いている方々も素敵な方ばかりで、これまでやってきた仕事の中でも、一番自分にあっているなって感じます。

池田)
めちゃめちゃいいですね!
ちなみに関東→関西→新潟と移住されていますが、地域に引っ越してくることに抵抗はなかったんですか?

佐々木)
高校を卒業してから、ひとり暮らしが長かったので、あまり地域が変わることに抵抗はなかったですね。釣りに行くときも、割と遠くに行ったりすることも多かったので!
むしろ釣りができる環境が近くなってうれしいなーって感じでした笑

池田)
確かに!川釣りもできるし、隣町に行けば海釣りもできますもんね!

池田)こちらに来てもう半年ほどたつと思いますが、休日はどんなことをしているんですか?

佐々木)
三条市内を巡ったり、本屋やカフェによく行きますね。
あとはもちろん釣りです!
先日も行ってきて、4、5人で20匹ほど釣れてとても楽しかったです!

池田)
すごい!次回は是非、僕たちも誘ってください~~!!
(このとき釣ったワラサを刺身にしていただきました!)

佐々木さん、ありがとうございました!
(また美味しいお魚釣ってきてください!笑)

今後も、三条市に移住してくる方々の紹介や、移住コンシェルジュとして行っていることを定期的に発信していきます。お気軽にご相談ください!

お問い合わせ
住所:三条市本町2-13-9 Blanc内
受付時間:午前11時~午後6時(土・日曜日、祝日を除く。)
電話番号:0256-55-6095
オンライン移住相談予約はコチラ


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございました! 少しでも三条市での暮らしに興味をお持ちいただけたなら、いつでもお気軽にご連絡ください😊

スキありがとうございます!
【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)
田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。