マガジンのカバー画像

地域おこし協力隊

329
新潟県の三条市で活躍する地域おこし協力隊の皆さんの記事をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

三条市の地域おこし協力隊について

三条市では、平成27年度から地域おこし協力隊制度を活用し、様々な活動に取り組んでいます。 1 三条市と地域おこし協力隊について三条市は金属加工が盛んなものづくりのまちとして知られ、山や川に囲まれた環境からアウトドア好きにも人気の高いまちです。 ▼三条市の魅力はこちらをご覧ください。 市街地エリアでは、まちなかの魅力向上やコミュニティの創出、若者の移住促進、空き家の利活用などに取り組む協力隊が活動しています。 山村エリアでは、起業家の輩出やスポーツを通じた交流人口の拡大、

粘りの後半戦

こんにちは! 地域おこし協力隊下田チームの新垣です! 私たち地域おこし協力隊下田チームは、新潟県三条市下田地区で教育・スポーツ・農業分野の活動をしています。私は教育班・スポーツ班に所属しています。 教育班では親子向けイベントや地域の小学校の行事に参加するなど、子ども達に関わる活動をしています。 スポーツ班では、3人制バスケを多くの方に知ってもらうため、高校や大学への普及活動や試合への出場などをしています。 下田に着任して約1年半。下田の豊かな自然に感動する毎日です。 春

シングルマザー、地域おこし協力隊になる

はじめまして! 三条市地域おこし協力隊の上田響(うえだひびき)と申します。 1年間で起業に挑戦する"Tryand"プログラム生として、令和5年8月に着任しました。きら星株式会社に所属しています。 東京から三条市に移住し、小学生の娘と一緒に下田地区に住んでいます。今回は、自己紹介や娘との生活、今後の活動についてお話させていただきたいと思います。 自己紹介1990年生まれ、長野県出身です。 離婚を機に、娘とふたりで憧れだった首都圏に移住しました。 仕事は、元々は保育士をしてい

田舎&都会”ちょうどいい”感じの三条市で地域おこし協力隊【約30人】を大募集

こんにちは! 三条市地域経営課のコミュニティ推進係です。 今回は地域おこし協力隊の大募集のお知らせです。 三条市の紹介新潟県のほぼ中央に位置し、隣接する燕市とともに「燕三条」という愛称で呼ばれています。 ▼産業 鍛冶技術の伝統を継ぐ金属加工を中心とした、ものづくりのまち。 切れ味抜群の包丁などの伝統産品に加え、最近では、高い技術を活かしたキャンプギアが特に人気です。 そして魅力的な食べ物も多く、お米はもちろん、桃・梨・シャインマスカットをはじめとする美味しい果物も勢ぞろ

【絵本の店 omamori】開店1年が経ちました!

こんにちは! 地域おこし協力隊のまるのさきです。本町2丁目の中央商店街沿いで【絵本の店 omamori】というブックカフェを営んでいます。(お店情報はこちら) 新潟は長い冬がやっと終わったかと思えば、急に春、そして真夏のような気候になりました。雪のイメージが強い新潟ですが、春の桜や菜の花もとてもきれいです。 さて、omamori は2024年4月22日をもって、開店1年となりました。1年間お店を続けられたのは、日頃お店に来てくださるみなさんのおかげです。本当にありがとうご

【新潟県三条市】程よく田舎な地域で仲間を作って、地方を楽しもう!(地域おこし協力隊募集)

1.程よく都会で田舎? “ちょうどいい” 感じの三条新潟県の中心部に位置し、東京からわずか2時間でアクセス可能な三条市は、自然豊かで、ものづくりの伝統が息づくまちです。 大型スーパーや娯楽施設がある市街地と温泉やラフティング、登山などのアクティビティ、キャンプやバーベキューといったアウトドアも存分に楽しめる山間部があり「程よく都会で田舎」 休日は自分の過ごし方を見つけてぜひリフレッシュを! 2.「学びと働く若者が集うまち」を目指して私たちTREEは、活気ある商店街の活性

エシャレットと共に始まる春の農業シーズン

はじめまして!令和6年2月から三条市地域おこし協力隊に着任しました金子です。 たけちょう商店で農業をしています! 今までは農業とはかけ離れた生活をしていたので、毎日が新鮮です。 最近はエシャレットの収穫と出荷が始まり、春の農業シーズンが本格化しています。 エシャレットはらっきょうの早採りです! 味噌をつけて食べたり、醤油漬けにしても美味しいですよ〜! どちらもおつまみにぴったりです。 出荷先は下記になりますので興味のある方は是非! ・道の駅漢学の里しただ ・道の駅たがみ

下田は全国的に稀な碑(いしぶみ)エリア!!

こんにちは。 地域おこし協力隊下田チームの樋口です。 私たち地域おこし協力隊下田チームは、新潟県三条市下田地区で教育・スポーツ・農業分野の活動をしています。 私はこのチームの中では教育班に所属しております。 教育班は下田の文化を紹介することや地域の小学生や中学生に伝え、ふるさとの良さを再認識してもらうことを主な活動としています。 今回は三条市下田郷にある碑(いしぶみ)について紹介します。下田郷は、美しい自然環境と豊かな水が魅力のエリアです。 四季折々の風景や温泉、観光スポ

見えがくれする空き家の掘り起こし方

お久しぶりです。 三条市で空き家相談員として空き家の課題解決に取り組んでいる、地域おこし協力隊の佐藤芳和です。普段は空き家相談員として市内を奔走する日々の傍ら、空き家対策・移住推進でエリアの活性化を行う「一般社団法人 燕三条空き家活用プロジェクト」の事業にも携わっています。 令和4年度から本格的に始動し、令和5年度も邁進してきた空き家対策ですが、今回のnoteでは、この2年間の取り組みを振り返る意味で令和5年度の成果を振り返ります。 おかげさまで登録件数も令和5年度で101

食と心でつながる 地域の方と一緒に迎えた海外のお客さま

こんにちは、三条市のまちなかエリアで活動する地域おこし協力隊の綾部あやです。 今回は、協力隊活動の一環としてNPOえんがわと一緒に、JICA(独立行政法人 国際協力機構)の「日系社会研修」を受け入れた時のお話しです。 2024年1月に行った冬の研修内容ですが、思い出深い活動でしたのでご紹介します。 JICAの活動と研修について少子高齢化問題が顕在化している日系団体は、日本文化の継承、若い世代の減少といった課題があります。特に中南米では団体活動の事例が少なく、活動がマンネリ化

こんにちは、梅田です!!〜イベント設営楽しいです!!〜

はじめに みなさんこんにちは!地域おこし協力隊の梅田です! みなさん最近は、いかがお過ごしでしたでしょうか! ここ最近の新潟はまだ寒暖差がありますが、みなさんはもう衣替えはお済みですか? 私は寒暖差や気温の変化に弱く、長袖がまだ手放せないので、私の衣替えはもう少し先になりそうです。 ちなみに私の家では、小さい頃から掃除機で吸う圧縮袋に服を入れて保存しているので、圧縮袋の扱いにおいて右に出るものはいないと思うほどに得意です! 衣替えだけでなく引越しや家の整理にも輝くスキルで

こんにちは!空活燕三条の地域おこし協力隊の木村です。

はじまして、今年の4月16日に東京より移住をしてきました木村恵と申します。 地域おこし協力隊として一般社団法人燕三条空き家活用プロジェクト(以下「空活燕三条」)に所属しています。 少しだけ、移住に至った経緯と自己紹介をさせていただきます。 私は東京の郊外で生まれ育ち、転職先を検討する中で、「変わらず東京での就職でいいのだろうか」と思ったこと、「住環境という視点からもより自分に合う地域があるのでは」と思い立ったことがはじまりとなり、三条市の移住コンシェルジュから紹介を受け、こ

フードコーディネート・PR/マーケティングのことならお任せ

こんにちは。元地域おこし協力隊の伊藤雄一です。 令和5年に起業型地域おこし協力隊として三条市の下田地区に移住して、1年間活動をしてきました。今は協力隊を退任して、起業に向けて準備を進めています。 1 自己紹介 山形県新庄市生まれ。趣味は油絵と刺繍、DJ。 編集や文案、料理を主な生業としてきました。DJは趣味から始まりましたが、時には仕事として請け負うこともありました。 前職では事業会社にて広報とマーケティングに従事し、エンタメからAIやテクノロジー、教育など広い分野に携わ

2月に下田の雪景色を楽しむDAYキャンプを開催しました!

こんにちは。 地域おこし協力隊下田チームの長沼です。 下田チームでは、地域の方々とのコミュニケーションを大切にし、様々なイベントを通じて地域との結びつきを深めています。 地元の方々にお話をうかがうと、下田の自然の美しさや豊かな食材、そして魅力的な文化についてたくさんのヒントをいただきます。地域の良さだけでなく、担い手不足や高齢化、そして冬季の活用法に関する悩みや問題点もよく聞かれます。 特に気になるのは、降り積もった雪を活用して交流を促せないかということです。 一方、