マガジンのカバー画像

ヒト・コト

38
三条市に移住して来られた方や会いに行きたくなるまちの人、三条市のおすすめスポット、ふれてみたくなるコトなどを紹介した記事をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

写真で見る三条市の絵本屋さん

こんにちは、地域おこし協力隊の竹山です。 普段は「喫茶シンカイ」という間借り喫茶の運営をしています。 今回は「絵本の店omamori」さんと、その中に併設されているカフェ「喫茶シンカイ」について紹介したいと思います。 三条市に素敵な本屋・カフェがあるんだよということを全面的にアピールします。 気になったらぜひ遊びに来てください。 絵本の店omamori 絵の多い本専門店。 本のほかにもカフェ機能があったりハンドメイド作品を委託販売していたり、店内に様々な可愛い置物が

梨天国三条~みずみずしい和梨と幻の洋梨ル・レクチエ~

こんにちは! 三条市魅力体感研修グループBです。   前回に引き続き三条市の農作物の魅力に迫ります! 三条では果物の生産も非常にさかんです。私たちは、新潟県の特産のル・レクチエや和梨を生産している土田農園さんに訪問し、果物の美味しさの秘密を教えてもらいました! (前回の投稿もぜひご覧ください!) 土田農園土田農園さんは信濃川河川敷に位置する三条市井戸場にて主に和梨・洋梨を生産しています。和梨は6品種(新高・幸水・豊水・新興・愛宕・あきづき)を育て、それぞれ甘味や酸味、水分

古民家で「節分ご飯会」~移住促進住宅で暮らす~

こんにちは。 三条市地域経営課のコミュニティ推進係です。 今回の記事は、三条市が整備した「移住促進住宅」での暮らしの様子をお届けします。 移住促進住宅とは三条市では、賃貸物件が少ない下田地域の空き家を「移住促進住宅」としてリノベーションし、空き家の利活用及び移住者の住まい確保を支援するプロジェクトを進めています。 移住促進住宅がある下田地域は、三条市の東部に位置している自然が豊かなエリアです。 澄んだ空気や、四季の移ろいを存分に満喫できる魅力的な環境の中で、キャンプなど

空き店舗でARスポーツ!?HADOとマルシェを共に楽しむオープンカフェを開催しました!

こんにちは! 三条市地域経営課中心市街地活性化推進係です! あっという間に12月も終わり。三条市は先日初雪が降りました! 今年の初雪は短時間でどかっと降り、さっそく雪かきに出動。 三条市で初めての冬を過ごす地域おこし協力隊たちがソワソワ、ドキドキしていたのが印象的です。冬の備えはお早めに! さて、今回は11月26日(日)に開催した、オープンカフェについてご紹介します! 1.大きな空き店舗でイベントを開催しました!先月11月26日(日)に、中央商店街のアサマ家具倉庫にて

「アウトドアのまち三条」宣言から学ぶ、三条のものづくりの魅力(中編)

こんにちは。三条市新規採用職員Dグループです。 この記事は、新規採用職員研修の一環として作成したものです。今日は中編となっております。 研修の目的、テーマ及びその選定理由につきましては、前編で御紹介していますので、まだお読みでない方は、前編を先にお読みいただけると幸いです。 1 鍛冶の歴史から学ぶ、三条の魅力 「三条でなぜアウトドア用品が作られるようになったのか?」 そう考えて次に訪れたのが、鍛冶ミュージアムです。 鍛冶ミュージアムは、2022年にオープンした図書館等複

まちなかで学生の「やりたい!」が実現しています!

こんにちは! 三条市地域経営課中心市街地活性化推進係です!   10月になり、朝晩が冷える季節になりました。 最近のまちなかは、9月21日に三条市歴史民俗産業資料館がリニューアルオープンしたり、まちやまで毎週いろいろなイベントが催されたりと、多くの人でにぎわっています!   これから秋が深まると、本成寺や三条八幡宮で紅葉が見頃になります。 行楽の秋も是非まちなかで楽しんでみてはいかがでしょうか。   さて、今回はまちなかで活躍する学生たちをご紹介します! ①三条商業高校商業

数字で見る!三条市の魅力 #三条で暮らす

移住したい街ランキングNo.1にも輝き、いま注目のあつまる三条市 三条市の魅力を「生活」「仕事」「自然」のテーマ毎に、”パワポ芸人”として活躍されているトヨマネ 氏が代表を務める「シリョサク株式会社」さんに解説いただきました。 生活編仕事編自然編▼三条で暮らすプロジェクト ▼三条移住コンシェルジュに相談(LINE)

Let's try 朝活!朝は市場でお買い物をしませんか?【定期市×三条マルシェ】

こんにちは! 三条市地域経営課中心市街地活性化推進係です!   8月も終わりを迎えようとしています。 今年の夏は4年ぶりに三条夏祭りが完全復活し、民謡踊り流しや大花火大会に多くの人がまちなかに集う光景を見ることができました。 私は5年ぶりに民謡踊り流しに参加しましたが、踊ってみると昔の感覚がじわじわとよみがえってくるのを感じました。やっぱりお祭りは楽しいですね!   まだまだ猛暑は続きます。 体調に気を付けながら秋も楽しみたいですね。   さて、今回は定期市とコラボしてい

広い敷地と自然豊かな環境で子どもを育てたい【移住者インタビュー】

こんにちは。三条市地域経営課のコミュニティ推進係です。 今回の記事は「移住者を魅了する三条暮らし」 三条市を移住先として選んだ理由と暮らしの様子をお聞きしました。 ▼移住者インタビュー今回、インタビューを受けてくださったのは、今年4月に新潟市から三条市の下田地域へ移住された金子優さんと知映さんです。三条市の移住促進住宅に入居された金子さんご家族に、下田地域での暮らしについてお話を聞きました。 ▼移住促進住宅についてはこちらの記事をご覧ください。 ーーご家族のことを教えて

お店に入ると気さくに声を掛けてもらえて、「あたたかいまち」だなと思います【移住者インタビュー】

こんにちは。三条市地域経営課のコミュニティ推進係です。 今回の記事は「移住者を魅了する三条暮らし」 三条市を移住先として選んだ理由と暮らしの様子をお聞きしました。 ▼移住者インタビュー今回、インタビューを受けてくださったのは、今年の1月に北海道から三条市へ移住された多田周平さんと多田愛さん。新潟と同じ雪国から移住した多田さんご家族に、三条市での暮らしについてお聞きしました。 ーーご家族のことを教えてください。 周平さん 私と妻、娘の3人家族で、まもなく第二子が生まれます

思ったより雪が少なくて、自転車移動でも楽しく暮らせているなと感じています【移住者インタビュー】

こんにちは!三条市役所地域経営課コミュニティ推進係です。 今回の記事は「移住者を魅了する三条暮らし」 三条市を移住先として選んだ理由と暮らしの様子をお聞きしました。 ▼移住者インタビュー今回、インタビューを受けてくださったのは、今年の2月に東京都から三条市へ移住された板垣恒子さん。新潟市出身とのことですが、三条市には来たことがなく、三条市の印象をたくさん話していただきました。 ーーご自身のことについて教えてください。  新潟市出身です。東京にいた時にマスコミ業界に憧れ、

適度な距離に適度な場所があって、本当に”ちょうどいいまち”だなぁと感じています【移住者インタビュー】

こんにちは。三条市地域経営課のコミュニティ推進係です。 今回の記事は「移住者を魅了する三条暮らし」 三条市を移住先として選んだ理由と暮らしの様子をお聞きしました。 ▼移住者インタビュー今回、インタビューを受けてくださったのは、2年前に埼玉県から三条市へ移住された中嶋猛さん。生まれも育ちも埼玉という中嶋さんから見た三条市の印象をお話しいただきました。 ──ご自身のことを教えて下さい。  生まれも育ちも埼玉県草加市で、高校生までは埼玉県内の学校へ通い、大学生になると東京都内

山の近くに住みながら、街にも近くて便利な三条市に移住

こんにちは。三条市地域経営課のコミュニティ推進係です。 「移住者を魅了する三条暮らし」のインタビュー第二弾 三条市を移住先として選んだ理由と暮らしの様子をお聞きしました。 ▼インタビュー今回、取材を受けてくださったのは、令和3年7月に東京から転入された捧さんご家族。下田地区にある空き家を借りて、一部はご自身の手で改修を施して住んでらっしゃいます。 Q1 自己紹介をお願いします。 哲郎さん もともと僕が三条市の出身で、Uターンしてきました。実家は東三条にあります。 直美

「空き家を買って地方移住」三条市を選んだきっかけは物件と生活環境

こんにちは。三条市地域経営課のコミュニティ推進係です。 今回の記事は「移住者を魅了する三条暮らし」 三条市を移住先として選んだ理由と暮らしの様子をお聞きしました。 ▼インタビュー今回、取材を受けてくださったのは、令和3年5月に転入された宮内さんご夫妻 夫・和則さんは、三条市出身ですが、進学・就職してからずっと東京暮らしだったそう。 妻・治子さんは、浴衣や着物などの生地を雑貨や衣類に仕立て直してリメイク製品を制作販売されています。 販売店舗も兼ねているご自宅にお邪魔して、お話