【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)

田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづく…

【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)

田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。

最近の記事

  • 固定された記事

田舎&都会”ちょうどいい”感じの新潟県三条市で暮らす

移住を考えている皆さんに向け、三条市で暮らす魅力を紹介します。 移住ランキング・宝島社「田舎暮らしの本 住みたい田舎ランキング」北陸エリア総合部門1位(2024年版) ・日本テレビ「ペッコリ妄想移住ランキング 専門家がおススメする移住地」第3位(2023年放送) ・TBSテレビ「東大王 いま移住したい町ランキング」第7位(2023年放送) ・日本テレビ「世界一受けたい授業 人気移住地ランキング」第1位(2022年放送) ・移住スカウトサービスSMOUT 移住アワード202

    • 粘りの後半戦

      こんにちは! 地域おこし協力隊下田チームの新垣です! 私たち地域おこし協力隊下田チームは、新潟県三条市下田地区で教育・スポーツ・農業分野の活動をしています。私は教育班・スポーツ班に所属しています。 教育班では親子向けイベントや地域の小学校の行事に参加するなど、子ども達に関わる活動をしています。 スポーツ班では、3人制バスケを多くの方に知ってもらうため、高校や大学への普及活動や試合への出場などをしています。 下田に着任して約1年半。下田の豊かな自然に感動する毎日です。 春

      • シングルマザー、地域おこし協力隊になる

        はじめまして! 三条市地域おこし協力隊の上田響(うえだひびき)と申します。 1年間で起業に挑戦する"Tryand"プログラム生として、令和5年8月に着任しました。きら星株式会社に所属しています。 東京から三条市に移住し、小学生の娘と一緒に下田地区に住んでいます。今回は、自己紹介や娘との生活、今後の活動についてお話させていただきたいと思います。 自己紹介1990年生まれ、長野県出身です。 離婚を機に、娘とふたりで憧れだった首都圏に移住しました。 仕事は、元々は保育士をしてい

        • 田舎&都会”ちょうどいい”感じの三条市で地域おこし協力隊【約30人】を大募集

          こんにちは! 三条市地域経営課のコミュニティ推進係です。 今回は地域おこし協力隊の大募集のお知らせです。 三条市の紹介新潟県のほぼ中央に位置し、隣接する燕市とともに「燕三条」という愛称で呼ばれています。 ▼産業 鍛冶技術の伝統を継ぐ金属加工を中心とした、ものづくりのまち。 切れ味抜群の包丁などの伝統産品に加え、最近では、高い技術を活かしたキャンプギアが特に人気です。 そして魅力的な食べ物も多く、お米はもちろん、桃・梨・シャインマスカットをはじめとする美味しい果物も勢ぞろ

        • 固定された記事

        田舎&都会”ちょうどいい”感じの新潟県三条市で暮らす

        マガジン

        • 地域おこし協力隊
          329本
        • 移住支援
          18本
        • 移住の体験案内
          47本
        • 移住者インタビュー
          9本
        • ヒト・コト
          41本
        • 住まい
          15本

        記事

          【絵本の店 omamori】開店1年が経ちました!

          こんにちは! 地域おこし協力隊のまるのさきです。本町2丁目の中央商店街沿いで【絵本の店 omamori】というブックカフェを営んでいます。(お店情報はこちら) 新潟は長い冬がやっと終わったかと思えば、急に春、そして真夏のような気候になりました。雪のイメージが強い新潟ですが、春の桜や菜の花もとてもきれいです。 さて、omamori は2024年4月22日をもって、開店1年となりました。1年間お店を続けられたのは、日頃お店に来てくださるみなさんのおかげです。本当にありがとうご

          【絵本の店 omamori】開店1年が経ちました!

          【新潟県三条市】程よく田舎な地域で仲間を作って、地方を楽しもう!(地域おこし協力隊募集)

          1.程よく都会で田舎? “ちょうどいい” 感じの三条新潟県の中心部に位置し、東京からわずか2時間でアクセス可能な三条市は、自然豊かで、ものづくりの伝統が息づくまちです。 大型スーパーや娯楽施設がある市街地と温泉やラフティング、登山などのアクティビティ、キャンプやバーベキューといったアウトドアも存分に楽しめる山間部があり「程よく都会で田舎」 休日は自分の過ごし方を見つけてぜひリフレッシュを! 2.「学びと働く若者が集うまち」を目指して私たちTREEは、活気ある商店街の活性

          【新潟県三条市】程よく田舎な地域で仲間を作って、地方を楽しもう!(地域おこし協力隊募集)

          エシャレットと共に始まる春の農業シーズン

          はじめまして!令和6年2月から三条市地域おこし協力隊に着任しました金子です。 たけちょう商店で農業をしています! 今までは農業とはかけ離れた生活をしていたので、毎日が新鮮です。 最近はエシャレットの収穫と出荷が始まり、春の農業シーズンが本格化しています。 エシャレットはらっきょうの早採りです! 味噌をつけて食べたり、醤油漬けにしても美味しいですよ〜! どちらもおつまみにぴったりです。 出荷先は下記になりますので興味のある方は是非! ・道の駅漢学の里しただ ・道の駅たがみ

          エシャレットと共に始まる春の農業シーズン

          下田は全国的に稀な碑(いしぶみ)エリア!!

          こんにちは。 地域おこし協力隊下田チームの樋口です。 私たち地域おこし協力隊下田チームは、新潟県三条市下田地区で教育・スポーツ・農業分野の活動をしています。 私はこのチームの中では教育班に所属しております。 教育班は下田の文化を紹介することや地域の小学生や中学生に伝え、ふるさとの良さを再認識してもらうことを主な活動としています。 今回は三条市下田郷にある碑(いしぶみ)について紹介します。下田郷は、美しい自然環境と豊かな水が魅力のエリアです。 四季折々の風景や温泉、観光スポ

          下田は全国的に稀な碑(いしぶみ)エリア!!

          【自己紹介】初めまして、地域おこし協力隊の澤田です!

          はじめまして!「三条で暮らす。」noteをお読みいただきありがとうございます。 三条市の地域おこし協力隊として今年4月に着任いたしました、株式会社MGNET(マグネット)の澤田すみれと申します。(※写真:一番右) 今回が私にとって第1回目の投稿となりますので、簡単な自己紹介と協力隊としての活動内容についてお伝えできればと思います! 自己紹介 新潟県新潟市・秋葉区(新津)出身で、大学卒業後に結婚式場でウェディングプランナーを約3年しておりました。 その後は広告マーケティング

          【自己紹介】初めまして、地域おこし協力隊の澤田です!

          見えがくれする空き家の掘り起こし方

          お久しぶりです。 三条市で空き家相談員として空き家の課題解決に取り組んでいる、地域おこし協力隊の佐藤芳和です。普段は空き家相談員として市内を奔走する日々の傍ら、空き家対策・移住推進でエリアの活性化を行う「一般社団法人 燕三条空き家活用プロジェクト」の事業にも携わっています。 令和4年度から本格的に始動し、令和5年度も邁進してきた空き家対策ですが、今回のnoteでは、この2年間の取り組みを振り返る意味で令和5年度の成果を振り返ります。 おかげさまで登録件数も令和5年度で101

          カフェTROIS 新たな企画に向けて   ~三条のものづくりの魅力発見~

          こんにちは。 三条市本町、中央商店街の書店SANJO PUBLISHING内にてカフェTROISを営んでいる地域おこし協力隊の藤立です。 カフェTROISの新たな企画に向けて、“ものづくりのまち”三条の魅力を体験してきました。 今回は、私自身が見学・体験した工房のご紹介とともにお伝えしていきます。 金工作家須佐真さん 須佐真さんは燕市の玉川堂で人間国宝玉川宣夫さんに師事、現在は三条市にご自身の工房を持ち活動されている金工作家さんです。 関西から知人が三条に旅行に来ていた

          カフェTROIS 新たな企画に向けて   ~三条のものづくりの魅力発見~

          第1回三条市空き家・移住セミナー 講演&トークセッション(前橋市職員・田中隆太さん×滝沢市長)開催!

          日程■とき 6月16日(日) 午前10時~正午 ■ところ まちやま ※オンライン配信あります。 ■内容 ①講演 まちを歩き、空き家を考えよう マチスタントで広がるまちのリノベーション 講師:前橋市にぎわい商業課 田中 隆太 さん ②パネルディスカッション 官民共創で進めるまちづくり まち・ひと・しごとがともに育つビジョンと仕組み 登壇者:田中 隆太さん、滝沢市長 講師紹介講師:田中 隆太さん 前橋市の職員として、市民と行政の連携による市街地の活性化提案・指針となるま

          第1回三条市空き家・移住セミナー 講演&トークセッション(前橋市職員・田中隆太さん×滝沢市長)開催!

          食と心でつながる 地域の方と一緒に迎えた海外のお客さま

          こんにちは、三条市のまちなかエリアで活動する地域おこし協力隊の綾部あやです。 今回は、協力隊活動の一環としてNPOえんがわと一緒に、JICA(独立行政法人 国際協力機構)の「日系社会研修」を受け入れた時のお話しです。 2024年1月に行った冬の研修内容ですが、思い出深い活動でしたのでご紹介します。 JICAの活動と研修について少子高齢化問題が顕在化している日系団体は、日本文化の継承、若い世代の減少といった課題があります。特に中南米では団体活動の事例が少なく、活動がマンネリ化

          食と心でつながる 地域の方と一緒に迎えた海外のお客さま

          三条市へのUターンを後押し!奨学金の返還を最大で180万円支援します!

          こんにちは! 三条市地域経営課コミュニティ推進係です。 令和6年度から、三条市へのUターンを後押しするため、奨学金返還を支援する奨学金返還支援補助金事業を開始しました! 「自分は対象になるの?」 「どのくらい補助が受けられるの?」 「申請したいけど、どうしたらいいの?」 そんな疑問について、順番にご説明します! 1 補助を受けられる方補助を受けるには、次の要件を全て満たすことが必要です。 令和6年2月1日以降に、40歳未満でUターン※1していること※2 三条市に住所

          三条市へのUターンを後押し!奨学金の返還を最大で180万円支援します!

          こんにちは、梅田です!!〜イベント設営楽しいです!!〜

          はじめに みなさんこんにちは!地域おこし協力隊の梅田です! みなさん最近は、いかがお過ごしでしたでしょうか! ここ最近の新潟はまだ寒暖差がありますが、みなさんはもう衣替えはお済みですか? 私は寒暖差や気温の変化に弱く、長袖がまだ手放せないので、私の衣替えはもう少し先になりそうです。 ちなみに私の家では、小さい頃から掃除機で吸う圧縮袋に服を入れて保存しているので、圧縮袋の扱いにおいて右に出るものはいないと思うほどに得意です! 衣替えだけでなく引越しや家の整理にも輝くスキルで

          こんにちは、梅田です!!〜イベント設営楽しいです!!〜

          【6月22~23日東京開催】ちょうどいい地方暮らし~仕事・子育てのリアル座談会~

          「地方で暮らしてみたい。」「暮らす場所を変えてみたい。」など、移住を考えている方に向けて、三条市での暮らしや仕事について紹介するイベントを開催します。 1 三条市の紹介三条市は、新潟県の中央に位置する地方都市です。 スーパー、ドラッグストア、娯楽施設等がそろう市街地から車を30分ほど走らせれば、海にも山にも行くことができ、豊かな自然の中でアウトドアや温泉を気軽に堪能できるなど、都市機能と自然豊かな田舎の両面を併せ持っています。 また、「ものづくりのまち」として日本のみならず

          【6月22~23日東京開催】ちょうどいい地方暮らし~仕事・子育てのリアル座談会~