【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)

田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。

【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)

田舎でも都会でもなく”ちょうどいい”かんじの新潟県三条市。金属加工技術に長けたものづくりのまちで、大型スーパーや娯楽施設等がそろう市街地から車を30分走らせると、気軽に海にも山にも行けます。新潟県のまんなかに位置する人口約9万5千人の地方都市からマチ・ヒト・コトをお届けします。

    記事一覧

    固定された記事

    三条市の「自己紹介」と「移住支援」

    ■自己紹介はじめまして三条市です! 三条市の地域おこし協力隊 ■移住支援相談窓口「三条移住コンシェルジュ」 住居の紹介や就職先の相談、補助金関連の紹介など、三条…

    新たなスタート

    はじめまして、地域おこし協力隊下田チーム、沖縄県出身の新垣 ももと申します。 10月に地域おこし協力隊として下田に移住しました。 「スポーツ班」に所属し、「半農半バ…

    3歳児健康診査で屈折検査を始めます!                                          …

    屈折検査は、弱視等の目の屈折異常を早期に発見できる大切な検査です。 三条市では、令和5年4月の3歳児健康診査から屈折検査を実施します。 子どもの目の発達について…

    一から始めた農業3年間

    こんにちは、地域おこし協力隊しただチーム、半農半イラストレーターの中野です。今回は今までの三年間の活動のご報告をさせていただきます。 農業一年目 協力隊一年目は…

    ものづくりのまち三条の未来を創る②

    みなさんこんにちは。三条市商工課商工係です。 前回から2回にわたり、「ものづくりのまち三条の未来を創る」と題してお伝えしています。   前回は、「ものづくりのまち…

    まちのコインクリーンチャレンジを実施しました!

    あけましておめでとうございます!地域おこし協力隊の今井瞳です。 私たちは中心市街地の活性化のために、まちを回遊しながら楽しめる企画や、地域の交流を生むためにまち…

    2022年を振り返ってみよう。「SANJO PUBLISHING 」本屋の1年と今年の意気込み。

    あけましておめでとうございます。 中央商店街にある本屋さんと喫茶店『SANJO PUBLISHING』の本屋担当をしている地域おこし協力隊の町田です。本年もよろしくお願いします…

    初めての田舎生活

    初めまして。9月から地域おこし協力隊・3人制プロバスケットボールチーム SANJO BEATERSのプレイヤー(U23枠)として下田地域で活動中の柿下 侑輝【カキシタ ユウキ】です…

    新卒で三条市の地域おこし協力隊になりました!~大学生活から地域おこし協力隊になるまでの話~

    はじめまして!渡邊 朝映(わたなべ ともえ)と申します。 私は2023年1月に三条市の地域おこし協力隊に着任しました。MGNET所属でインターンシップ受入促進事業の日吉舎を…

    半農半バスケの1年

    こんにちは。 下田地域で活動中の地域おこし協力隊・3人制プロバスケットボールチームSANJO BEATERSのプレイヤー(U23枠)の「木村 悠杏(キムラ ユア)」です。 三条市…

    \仕事探し中の方必見!!/三条市独自の就職説明会を開催しています

    ↓↓ 就職説明会の開催スケジュールやお申込みはこちらから ↓↓ 新潟県三条市のご紹介三条市は、新潟県の「まんなか」、県央地域と呼ばれるところに位置する地方都市です…

    \個別に移住をサポート!!/三条移住コンシェルジュのご紹介

    新潟県三条市のご紹介三条市は、新潟県の「まんなか」、県央地域と呼ばれるところに位置する地方都市です。 東京から約2時間の上越新幹線が止まる燕三条駅や高速道路のイ…

    No.109 駅や大通りに近い、少人数世帯向けの空き家

    登録番号 No.109 地  域 三条地域 所  在  地 一ノ門 築  年  数 43年(昭和54年建築) 価  格  【賃貸】3.2万円       【売却】500万円 間  取 …

    No.104 オシャレな店舗付き!広い居間のある1LDKの空き家

    登録番号 No.104 地  域 三条地域 所  在  地 本町1丁目 価  格  【売却】880万円 間  取  り 1LDK+店舗スペース 面  積 1階:46.37㎡     …

    令和に住み継ぐ明治の古民家「土間を楽しむ家」入居者募集

    こんにちは。 三条市地域経営課のコミュニティ推進係です。 三条市では、空き家を「移住促進住宅」としてリノベーションし、空き家の利活用及び移住者の住まい確保を支援…

    【三条ゆかりの方インタビュー】想像を超えてゆくデザインを。三条市出身の石川竜太社長

    こんにちは。 三条市で首都圏からの移住者支援を行っている、地域おこし協力隊員の松岡です。 今回は三条ゆかりの方にお話をお聞きました。このインタビューをきっかけに、…

    固定された記事

    三条市の「自己紹介」と「移住支援」

    ■自己紹介はじめまして三条市です! 三条市の地域おこし協力隊 ■移住支援相談窓口「三条移住コンシェルジュ」 住居の紹介や就職先の相談、補助金関連の紹介など、三条市への移住・定住に関わる相談ができます。 ▶詳しくは こちら をご覧ください。 住所:三条市本町2-13-9 Blanc内 受付時間:午前11時~午後6時(土・日曜日、祝日を除く。) 電話番号:0256-55-6095 三条ファンクラブ 三条市出身者や、三条市に住んでいないけど「三条」というまちが好きな若者

    新たなスタート

    はじめまして、地域おこし協力隊下田チーム、沖縄県出身の新垣 ももと申します。 10月に地域おこし協力隊として下田に移住しました。 「スポーツ班」に所属し、「半農半バスケ」を掲げる3人制プロバスケットボールチームSANJO BEATERSの選手として活動しています。 20歳の若輩者ですが、お付き合いしていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。 1.バスケットボールと私 私がバスケットボールを始めたきっかけは姉の影響でした。 小学校3年生の時、自分でもやってみた

    3歳児健康診査で屈折検査を始めます!                                               

    屈折検査は、弱視等の目の屈折異常を早期に発見できる大切な検査です。 三条市では、令和5年4月の3歳児健康診査から屈折検査を実施します。 子どもの目の発達について 子どもの目は、3歳までに急激に発達し、6歳頃に0.8以上の視力を持つようになります。 6歳頃までに正しく脳の視覚領域が発達しなければ、弱視(眼鏡やコンタクトをしても視力が出ないこと)になってしまいます。 そうならないために、早期発見、治療がとても大切です。 目の異常を早期に発見し、適切な治療を開始できれば視力の

    一から始めた農業3年間

    こんにちは、地域おこし協力隊しただチーム、半農半イラストレーターの中野です。今回は今までの三年間の活動のご報告をさせていただきます。 農業一年目 協力隊一年目は農業について右も左も分からない状態でしたが、しただ塾で農業の講師をされていた轡田さんの指導のもと、作業しながら有機農業のいろはを教わりました。稲作は下田地域で米農家をされている坂井さんから学ばせていただきました。色々な野菜の芽出しや、管理方法、肥料の種類や効果など、知れば知るほど農業の奥深さにのめり込んでいきました

    ものづくりのまち三条の未来を創る②

    みなさんこんにちは。三条市商工課商工係です。 前回から2回にわたり、「ものづくりのまち三条の未来を創る」と題してお伝えしています。   前回は、「ものづくりのまち三条」の現在について、データを基に特徴や課題などについて少し御紹介しました。 今回は、産学官による検討組織「三条市未来経済協創タスクフォース」の議論を踏まえ、この度とりまとめに至った、三条市経済ビジョン「よくつくる、よくいきる~豊かにいきいきと働き、技術力を基軸に時代とともに進化し続けるものづくりのまち~」について

    まちのコインクリーンチャレンジを実施しました!

    あけましておめでとうございます!地域おこし協力隊の今井瞳です。 私たちは中心市街地の活性化のために、まちを回遊しながら楽しめる企画や、地域の交流を生むためにまちづくりに参画するきっかけを作ったり、空き家の利活用促進を行ったりしています。 1.まちのコイン企画「クリーンチャレンジ」私たちが、地域内外の交流を生み出すツールとして使っているコミュニティ通貨「まちのコイン」。皆さんは使ったことがありますか? 「まちのコイン」をまだご存知でない方、もっとよく知りたい方はこちらのリン

    2022年を振り返ってみよう。「SANJO PUBLISHING 」本屋の1年と今年の意気込み。

    あけましておめでとうございます。 中央商店街にある本屋さんと喫茶店『SANJO PUBLISHING』の本屋担当をしている地域おこし協力隊の町田です。本年もよろしくお願いします。 三条市に来てから気づけばもうすぐ2年が経とうとしています。最初は聞き取るのに努力が必要だった三条弁も、今では何の問題もなく理解できるようになりました。 そんな昨年を振り返って今年の意気込みを書いてみようと思います。 様々なテーマで行ったブックフェア昨年は春と夏、そして三条凧合戦に合わせて、それぞ

    初めての田舎生活

    初めまして。9月から地域おこし協力隊・3人制プロバスケットボールチーム SANJO BEATERSのプレイヤー(U23枠)として下田地域で活動中の柿下 侑輝【カキシタ ユウキ】です。今回は初めましてということで、柿下侑輝という人物の今までと、これからの目標や活動を紹介させていただきます。 1柿下侑輝とは 早速ですが、柿下侑輝について知っていただきたいのでお付き合いください。 神奈川県で生まれ、今年22歳になります。その内の16年間はバスケットボールに打ち込んできました。小

    新卒で三条市の地域おこし協力隊になりました!~大学生活から地域おこし協力隊になるまでの話~

    はじめまして!渡邊 朝映(わたなべ ともえ)と申します。 私は2023年1月に三条市の地域おこし協力隊に着任しました。MGNET所属でインターンシップ受入促進事業の日吉舎を担当します。 ちなみに、現在大学4年生です!一足早く勤務を開始しました。 新潟県との出会い私は宮城県仙台市出身で、大学進学で新潟県に初めて来ました。初めて来たときは、新潟駅を見て結構落ち込んだのを覚えています(笑) (現在は改装され綺麗ですが、)新潟県で一番大きい駅なのに、とても暗い印象の駅で驚きました。

    半農半バスケの1年

    こんにちは。 下田地域で活動中の地域おこし協力隊・3人制プロバスケットボールチームSANJO BEATERSのプレイヤー(U23枠)の「木村 悠杏(キムラ ユア)」です。 三条市下田に移住してあっという間に1年が過ぎました。 今回は1年の振り返りと2年目の目標について報告します。 2022年の振り返り 昨年の秋、半農半バスケの理念に共感したバスケ選手2人が協力隊として加わりました。人数が増えたことで、対人練習やセットプレー、効率のいいシューティングなど、できることも増

    \仕事探し中の方必見!!/三条市独自の就職説明会を開催しています

    ↓↓ 就職説明会の開催スケジュールやお申込みはこちらから ↓↓ 新潟県三条市のご紹介三条市は、新潟県の「まんなか」、県央地域と呼ばれるところに位置する地方都市です。 東京から約2時間の上越新幹線が止まる燕三条駅や高速道路のインターチェンジがあり、アクセス抜群の三条市は、古くから「商人のまち」、「ものづくりのまち」として栄えたことから、多くの企業が集まっており、働き口が多いのも特徴です。 また、そのものづくり技術を活かした多くの有名アウトドアメーカーの本社があり、近年では

    \個別に移住をサポート!!/三条移住コンシェルジュのご紹介

    新潟県三条市のご紹介三条市は、新潟県の「まんなか」、県央地域と呼ばれるところに位置する地方都市です。 東京から約2時間の上越新幹線が止まる燕三条駅や高速道路のインターチェンジがあります。アクセス抜群の三条市は、打刃物などの金属加工技術に長けた“ものづくりのまち”であり、中小企業の集積地でもあります。 また、そのものづくり技術を活かした多くの有名アウトドアメーカーの本社があり、近年では、“アウトドアの聖地”とも呼ばれるようになりました。 そんな三条市は、スーパー、ドラッグス

    No.109 駅や大通りに近い、少人数世帯向けの空き家

    登録番号 No.109 地  域 三条地域 所  在  地 一ノ門 築  年  数 43年(昭和54年建築) 価  格  【賃貸】3.2万円       【売却】500万円 間  取  り 5K 備  考 残置物は入居者が決まり次第撤去いたします。 ※残置物の中にほしいものがありましたら、譲渡可能です。 見  所 ✔床や襖などに大きな痛みはなく、補修なしでも居住可能です。 ✔2台分の駐車場があります。

    No.104 オシャレな店舗付き!広い居間のある1LDKの空き家

    登録番号 No.104 地  域 三条地域 所  在  地 本町1丁目 価  格  【売却】880万円 間  取  り 1LDK+店舗スペース 面  積 1階:46.37㎡      2階:46.37㎡      土地:69.79㎡ 見  所 ✔1階は飲食店として使われていたので、初期費用を抑えて開業することができます。 ✔2階の住居スペースは、16帖の広い居間と6帖の洋室があり、1~2人暮らしにおすすめです。

    令和に住み継ぐ明治の古民家「土間を楽しむ家」入居者募集

    こんにちは。 三条市地域経営課のコミュニティ推進係です。 三条市では、空き家を「移住促進住宅」としてリノベーションし、空き家の利活用及び移住者の住まい確保を支援するプロジェクトを進めています。 ここにしかない古民家を借り上げ、下田地域の環境だからこそ実現できる暮らしの提案に向けて、これから改修工事を行うところです。 今回は、リノベーションのデザインと入居者募集情報をお届けします。 point ✓吹き抜けから見える構造が古民家を感じさせ、広い土間空間がある住宅にリノベー

    【三条ゆかりの方インタビュー】想像を超えてゆくデザインを。三条市出身の石川竜太社長

    こんにちは。 三条市で首都圏からの移住者支援を行っている、地域おこし協力隊員の松岡です。 今回は三条ゆかりの方にお話をお聞きました。このインタビューをきっかけに、若い方々や学生さんに三条市の魅力を知っていただき、興味を持っていただけたら嬉しいです。 今回は、ロッテの「紗々」やキリン「生茶」のパッケージデザイン、そのほか新潟エリアの多くの企業デザインを手掛ける、株式会社F R A M E代表取締役石川竜太様の取材をさせていただきました。 きれいな学校に生まれ変わった大崎学園の